ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン

2018年09月14日

ヤマハ SR400が待望の復活!! 「40周年記念モデル」もね!



ヤマハSR400/ヤマハブラック(ブラック)

 


SRはSRのまま!
これほど変わらないことが嬉しいモデルはないね!

昨年生産を終了したSR400が、11月22日(木)より「二輪車平成28年排出ガス規制」に適合させて発売を開始する。今回のモデルチェンジでは主に、より厳しくなった環境規制に適合するため、「O2フィードバック制御の精度向上」、「蒸発ガソリンの外気への排出を提言するキャニスターの採用」、「低音と歯切れの良さを向上させた新マフラーの装備」などが変更されている。これによって、最高出力と最大トルクがそれぞれ1ポイントずつダウンしてしまったが、注目したいのは最大トルク時のエンジン回転数。前モデルは5500rpmだったが、今回は3000rpmと低中回転域で発揮しているのだ。これはもしかしたら、「低速からドコドコ走り出す、より単気筒らしい乗り味になるのでは?」と期待が膨らんでしまう。

性能面では多少の変化がありながらも、当然ながらキックスターターやデコンプレバー、ティアドロップタンクに前後スポークホイールといった「SRらしさ」はそのまま。そう、変わるべきは変えつつも、多くのファンが望む「SR400」はみごとに継承されているのだ。

カラーリングは「ヤマハブラック(ブラック)」と「グレーイッシュブルーメタリック4(ブルー)」。精悍なイメージのブラックに対してカジュアルイメージのブルーと、はっきりとイメージが分かれている。個人的には、サイドカバーにあるそれぞれのエンブレムも気になるポイントだ。また、「SR400 40th Anniversary Edition」も500台限定で発売。アニバーサーリーモデル恒例となるサンバースト塗装がなんとも美しい。

昨年からSRファンにとっては寂しい状況だったが、これからはまた嬉しい環境となった! まだまだSRは現役モデルとして、多くのライダーに愛される存在なのだ。/SAGAYAN


ヤマハSR400/グレーイッシュブルーメタリック4(ブルー)

 

【諸元】
認定型式/原動機打刻型式 2BL-RH16J/H342E
全長×全幅×全高 2,085mm×750mm×1,100mm
シート高 790mm
軸間距離 1,410mm
最低地上高 130mm
車両重量 175kg
燃料消費率
国土交通省届出値 定地燃費値 40.7km/L(60km/h) 2名乗車時
WMTCモード値(クラス) 29.7km/L(クラス2 サブクラス2-2) 1名乗車時
原動機種類 空冷・4ストローク・SOHC・2バルブ
気筒数配列 単気筒
総排気量 399cm³
内径×行程 87.0mm×67.2mm
圧縮比 8.5:1
最高出力 18kW(24PS)/6,500r/min
最大トルク 28N・m(2.9kgf・m)/3,000r/min
始動方式 キック式
潤滑方式 ドライサンプ
エンジンオイル容量 2.40L
燃料タンク容量 12L(「無鉛レギュラーガソリン」指定)
燃料供給方式 フューエルインジェクション
点火方式 TCI(トランジスタ式)
バッテリー容量/型式 12V,2.5Ah(10HR)/GT4B-5
1次減速比/2次減速比 2.566(77/30)/2.947(56/19)
クラッチ形式 湿式, 多板
変速装置/変速方式 常時噛合式5速/リターン式
変速比 1速2.357/2速1.555/3速1.190/4速0.916/5速0.777
フレーム形式 セミダブルクレードル
キャスター/トレール 27°40′/111mm
タイヤサイズ(前/後) 90/100-18M/C 54S/110/90-18M/C 61S (前後チューブタイプ)
制動装置形式(前/後) 油圧式シングルディスクブレーキ/機械式リーディングトレーリングドラムブレーキ
懸架方式(前/後) テレスコピック/スイングアーム
ヘッドランプバルブ種類/ヘッドランプ ハロゲンバルブ/12V,60/55W×1

メーカー希望小売価格(税込) 57万2400円(ブラック、ブルー) 69万1200円(40周年モデル)

 

SR400 40th Anniversary Edition

関連記事