ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン

2018年10月03日

ケーブルやホースがすべて装備されたPLOTのSR400専用ハンドルキットが心憎い!



写真:若林浩志 文:佐賀山敏行
取材協力:PLOT

 

先日、ついに復活を遂げたSR400だが、その魅力のひとつが「カスタマイズ」にあることはSR乗りであれば否定する者はいないだろう。自分の好みのパーツを装着して、愛車をより理想的なカタチに仕上げていくカスタマイズ……定番はマフラーやウインカー、そしてハンドルバー。マシンフォルムはもちろんのこと、ライディングポジションも大きく変わる重要なパーツである。だからこそ、もしもアナタが交換しようと思っているならしっかりしたものを選んでいただきたい。ここではSR乗りならきっと満足できるであろう、3本のカスタムハンドルを紹介しよう。

 


まずは2017年SR400+純正ハンドル。さすがにバランスはよく、上半身の姿勢も腕の曲がりにも無理はない。少し前傾姿勢となっていて、軽量なSRの車体をスポーティーに走らせるのに最適なものとなっている。
(ライダー:身長172cm・体重62kg)

 

タイプの異なる3タイプをリアルシミュレーション
好みのスタイルに合わせて、愛車をアップデート!!

今回用意したハンドルバーはEFFEX・スーパーバーキットの3種類。それぞれ高さや引きが異なる個性的な3本である。さて、ハンドルバーの交換といえば、比較的簡単にできると思っているライダーも多いだろうが、じつは意外と大変なもの……。なにが大変かというと、ハンドル形状によって、同時に変えなければならないパーツが結構たくさんあるのだ。それがクラッチやスロットルのケーブル、ブレーキホースなど。もちろんブレーキホースを交換するなら、フルードだって交換しなければならない。問題は、それらのワイヤーやケーブルの長さがわからないということ。せっかく買ったのに長さが足りない、なんていうのは論外だが、長すぎてもカッコ悪いし、場合によってはワイヤーがダブついて性能を発揮できない……なんてことも実際に起こりうるのだ。

しかし、それはあくまでも汎用ハンドルバーの話。ハンドルバーだけを買ってきて、自分でワイヤー類を揃えようとすると、こうした問題に直面する。つまり、たかがハンドル交換といえども、じつは自分でやるなら中級レベルの知識やスキルが必要なのだ。

だからこそオススメしたいのが「SR専用ハンドルキット」である。ハンドルバーの交換時に必要なケーブルやホースなどがすべてセットになっているというもので、もちろん、それらの長さはハンドルバーにピッタリだから、長すぎたり短すぎたりしてルックスや性能を妨げることはない。純正レベルのフィット感でハンドルカスタムを楽しむことができるのだ。しかも、今回ここに紹介するEFFEX・スーパーバーキットなら、ブレーキワイヤーはスウェッジライン製メッシュホースが同梱される。ブラック皮膜だから目立つことなく、しかし確実にブレーキタッチはアップするという逸品で、多くのSR乗りから支持されている。かくいう僕も愛用者のひとり。そして、ブレーキフルードが付属しているのも嬉しいポイントといえよう。

ハンドルバーはライディングポジションを変えると同時に、愛車のルックス、そしてマシンコンセプトをも変える重要なパーツだ。たとえばセパハンをつければ、それだけでカフェレーサーに見えるし、低いコンチハンドルなら大人のライトウエイトスポーツ。アップハンドルなら70年代仕様やチョッパーといった風。だからこそ、せっかくカスタムするのなら、妥協のないパーツチョイスをおこなっていただきたい。そのためにも気軽に、それでいて十分な満足感を得られるEFFEX・スーパーバーキットは、きっとオーナーを満足させてくれるはずだ。

 

EFFEX スーパーバーKIT SB-4 / 9680円(税抜)


「SB-4」は純正よりも低く、幅も狭いスポーティーな1本。SRが持つライトウエイトシングルとしての楽しさを引き出すにはもってこいのハンドルバーだといえる。


クロームメッキ 適合:SR400(01~17年)
純正比:幅 -21mm、高さ-4mm、引き +46mm、絞り角 +3mm、立ち角 -28mm
同梱商品:ブレーキホース(純正比+20mm)、ブレーキフルード、バンジョーボルト×2個


純正と比べて引きが弱く(つまりグリップ位置が車体前方にある)、幅も狭いため、やや前傾がち。といってもセパハンのように無理な姿勢ではなく、上半身は十分にリラックスできている。
(ライダー:身長172cm・体重62kg)

 

 

EFFEX スーパーバーKIT DT-3 / 1万6400円(税抜)


幅は狭く、引きは浅い。そして高さのある「DT-3」はトラッカーバーをナローにしたような印象。街中からツーリングまで、幅広く活躍してくれそうな1本だ。


クロームメッキ 適合:SR400(01~17年)
純正比:幅 -46mm、高さ+41mm、引き +142mm、絞り角 +19mm、立ち角 -36mm
同梱商品:ブレーキホース(純正比+90mm)、スロットルケーブル(同+100mm)×2本、クラッチケーブル(同+75mm)、デコンプワイヤー(同+100mm)、ブレーキフルード、バンジョーボルト×2個


上半身はほぼ直立で、ライディングポジションに一切の無理がない。ライダーが自然に腕を伸ばしたところにグリップがあるのだ。ハンドル幅がかなり狭まっているので、通勤などでもストレスなく走ることができそう。
(ライダー:身長172cm・体重62kg)

 

 

EFFEX スーパーバーKIT EU-4 / 1万6400円(税抜)


「EU-4」はいわゆるアップハンドル。SRがまるで70年代に立ち返ったかのようなクラシカルなスタイルは、ベテランライダーには懐かしく、若いライダーにはきっと新鮮に映るはず。最近人気の初期型ルックや70年代スタイルにばっちりハマる1本だ。


クロームメッキ 適合:SR400(01~17年)
純正比:幅 +50mm、高さ+85mm、引き +68mm、絞り角 ±0mm、立ち角 -26mm
同梱商品:ブレーキホース(純正比+120mm)、スロットルケーブル(同+100mm)×2本、クラッチケーブル(同+100mm)、デコンプワイヤー(同+100mm)、ブレーキフルード、バンジョーボルト×2個


純正に比べて幅も高さも大きくアップし、まるで車体が一回り大きくなったかのよう。大柄なライダーなら純正よりもしっくりくるのではないだろうか。身長172cmのライダーがまたがってもご覧の通り、上半身は直立し、腕の曲がりも自然。長距離ツーリングでも疲れにくそうだ。
(ライダー:身長172cm・体重62kg)

EFFEX スーパーバー公式WEBページ
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.plotonline.com/motor/effex/handle-03.html

 

 

ちなみに編集長サガヤンがEFFEX・SRレプリカハンドルキットを装着したときの記事はコチラ。交換手順も載っていますよ!
↓↓↓↓↓↓↓
https://sr400times.com/diary/plot-handle.html

関連記事