ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン

2020年02月09日

気になるSRダラケ! メーカー製作のカスタムマシン5選


今回は、井上ボーリング、CF POSH、POSH Faith、デイトナなど、メーカーが発表したカスタムマシンを紹介していきます。気になるマシンは、詳細ページに飛ぶことができますので、クリックorタップしてみてくださいね。

 




CF POSH/1979 SR400

注目すべきはナローなスタイリングもさることながら、各部のパーツバランス。黎明期のカフェレーサーをSRで再現した。
詳細はコチラ→https://sr400times.com/custom-sr/195_cf-posh.html
ーーー

DAYTONA/2000 SR400

オリジナル70’Sハンドル「GT750タイプ」や70’Sサーフラインシート、さらにリアキャリアを装着することで、雰囲気は70年代のスタンダードバイク!
詳細はコチラ→https://sr400times.com/custom-sr/210_daytona.html
ーーー

POSH Faith/1984 SR500

派手なワンオフパーツや高額なパーツはほとんど使われておらず、パーツチョイスとセンスでカスタムされている。
詳細はコチラ→https://sr400times.com/custom-sr/re-174-posh-faith.html
ーーー

井上ボーリング × M&M’s motorcycle/2006 SR400 “SR-ICBM for VMX”

ライトなスタイリングに最高級のエンジンの組み合わせ……真のSRフリークならば、気にならずにはいられない!
詳細はコチラ→https://sr400times.com/custom-sr/159_icbm-mmmc.html
ーーー

DAYTONA/YAMAHA SR400

王道的なカフェーレーサースタイルのSR400だが、このマシンの見どころは、ベースがF.I.モデルということ!
詳細はコチラ→https://sr400times.com/custom-sr/30495.html

関連記事