ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン

2020年02月23日

美しさに惚れ惚れ! キャンディーMCラボラトリーのカスタムマシン5選


当サイトでも数多く紹介してきた「キャンディーモーターサイクルラボラトリー」のカスタムマシン。今回は、そんな同店のSRを5台紹介します。URLをクリックすれば、写真だけでなく、カスタムポイントも書かれているページに飛びますよ。ぜひ、クリックorタップしてみてくださいね。

ショップHP→キャンディーモーターサイクルラボラトリー

 




YAMAHA SR400/No.249

ホールド感にも期待が高まるシートはもちろんワンオフで、同じくワンオフ製作されたハンドルと相まって、絶妙なライディングポジションを作り出す。
詳細はコチラ→https://sr400times.com/custom-sr/249_candy-motorcycle-laboratory.html
ーーー

YAMAHA SR400/No.303

フューエルタンクはヤマハ・RD50を流用し、シートカウルはワンオフで製作。コンパクトに作られたシートカウルとロングスイングアームの組み合わせによって、迫力が増したリアビューは要注目だ。
詳細はコチラ→https://sr400times.com/custom-sr/candy-motorcycle-laboratory%ef%bc%8fyamaha-sr400%ef%bc%8fno-303.html
ーーー

YAMAHA SR400/No.204

204

フォルムはシングルエンジンを活かしきったスリムなチョッパー。すでに純正の面影はまったくないのだが、それでも同店の卓越したセンスにより、車体バランスはみごとのひと言。
詳細はコチラ→https://sr400times.com/custom-sr/204_candy-motorcycle-laboratory.html
ーーー

YAMAHA SR400/No.176

176

フューエルタンクとシートカウルは、それぞれアルミをベースとしたワンオフ。コンパクトかつエッジの効いたデザインが、OSSAやBULTACOといったヨーロッパ製マシンを思わせる。
詳細はコチラ→https://sr400times.com/custom-sr/176_candy-motorcycle-laboratory.html
ーーー

YAMAHA SR400 “The Absolute”/No.289

「The Absolute」の名を冠したこちらのマシン。エンジンを見なければ一見SRとわからないほど各部に大胆なモディファイが加えられている。フレームはシートレール以降を一新し、モノサス化。
詳細はコチラ→https://sr400times.com/custom-sr/289_candy-motorcycle-laboratory.html

関連記事