ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン

2020年04月05日

編集部厳選! 海外のカスタムマシン5選


当サイトでは、動画、カスタムパーツのほかに、海外サイトで掲載されているカスタムマシンを紹介しています。今回は、その中でも反響のあった&スタッフが選んだYAMAHA SRをまとめてみました!

 


「NIPPON CLASSIC」より…似ているけどちょっと違う! 2台のSR500

見比べるのもアリ! 個性が光るカスタムマシン

ダニエル、マイケル、スヴェンという3兄弟のビルダーがいるのが、ドイツにあるバイクショップ「Scramblers Motorcycles」だ。今回は、そんな3人がカスタムしたSR500を2台紹介! HONDA CB250のフューエルタンク、クロームスポーク付きのブラックリム、ベイツライト、 K&Nエアフィルター、ハンドルバーなどを装着したカスタムマシン。パッと見は見分けがつかないが、タンクカラーを変えて個性を演出したとのこと。

詳細はコチラから→NIPPON CLASSIC公式ウェブサイト
ーーー

「NIPPON CLASSIC」より…シンプルイズベストなカフェレーサー

2人のビルダーが手がけた英国SR!

イギリスにあるショップ「Auto Fabrica」が手がけたYAMAHA SR500を紹介します。2人のビルダーが手がけたというカスタムマシンは、シンプルなデザインのカフェレーサー。マシンをオーバーホールしスカチューン化、シングルシート、フューエルタンク加工などを施し、理想に近づけていきました。“走りやすさ”はもちろん“デザイン性”にも目を向けた一台だそうです。

詳細はコチラから→NIPPON CLASSIC公式ウェブサイト
ーーー

「KEVILS Speed Shop」より…イギリスのショップが自画自賛したSR400

手がけたビルダーは自信満々! ユニークに仕上がったカスタムマシン

イギリスにあるカスタムショップ「KEVILS Speed Shop」は、SR400をはじめ多くのカスタムマシンを手がけており、公式ウェブサイトで多くのバイクを紹介しています。こちらのSR400も昨年同店が製作した1台。ブロンズのパウダーコーティングしたフレーム、ベイツヘッドライト、レザーシート、イタリアから輸入したマフラーなどを装着しています。公式ウェブサイトでは「じつに素晴らしいユニークなSRに仕上がった!」とビルダー大満足のコメントを掲載。閲覧者からの問い合わせも多いそうです。

詳細はコチラから→KEVILS Speed Shop公式ウェブサイト
ーーー

「NIPPON CLASSIC」より…ドイツのビルダーが作ったカスタムマシン

兄弟で作り上げたSR400はヨーロッパでも人気!

ドイツに住むRaphaelとChristian兄弟が営むバイクショップ「Benders」が手がけたYAMAHA SR400を紹介します。これまでもYAMAHAが発売しているマシンをカスタムしたことがあり、国内外問わず人気を博していた同店。そうした経験を踏まえて今回のSRに着手しました。ライダーに合わせたシンプルなこのマシンは、SR好きの人々を唸らせたそうです。
 
詳細はコチラから→NIPPON CLASSIC公式ウェブサイト
ーーー

「pipeburn」より…スポーティースタイルなSR500

アメリカのビルダーが手がける 軽快なトラッカーカスタム!

アメリカ・サンディエゴにあるショップ『Mule Motorcycles』が手がけるYAMAHA SR500を紹介する。オーバーホールをしたあと、フロント19インチ、ハンドルバー、シングルメーター、シングルシートなどを装着。トラッカースタイルにカスタムした。カラーリングやシンプルさも相まって、スポーティーなイメージもある。
 
詳細はコチラから→pipeburn公式ウェブサイト

関連記事