ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン

2019年11月17日

ボバー、チョッパー、カフェ…多種多様なスタイルを楽しめる2%ERのカスタムマシン5選


当サイトで人気のカスタムマシン特集。今回は、2%ERがプロデュースしたYAMAHA SR400を5台紹介します。気になるマシンはURLをクリックして、詳細をチェックしてみてくださいね!

 


2%ER/YAMAHA SR400/No.291

60’sの空気感を忠実に再現しつつ、オリジナルパーツとワンオフパーツを多用することで、定番のスタイルながらもショップのオリジナリティを見事に表現。
詳細はコチラ→https://sr400times.com/custom-sr/291_twopercenter.html

ーーー

2%ER/YAMAHA SR400/No.277

2%ERの個性がつまったストリートテイスト溢れる1台。同店には珍しいハイパフォーマンス仕様である。
詳細はコチラ→https://sr400times.com/custom-sr/277_twopercenter.html

ーーー

2%ER/YAMAHA SR400/No.231

ボバーからチョッパーへの過渡期を表した、両スタイルの要素を併せ持つ1台。「乗りやすさ」を意識した作りにも注目だ。
詳細はコチラ→https://sr400times.com/custom-sr/231_twopercenter.html

ーーー

2%ER/YAMAHA SR400/No.265

ボルトオンハードテールが生み出す三角形のシルエットが最大の特徴。ヴィンテージ系パーツを組み合わせることで、オールドレーサースタイルをみごとに再現した。
詳細はコチラ→https://sr400times.com/custom-sr/265_twopercenter.html

ーーー

2%ER/YAMAHA SR400/No.262

同店が展開するハードテールコンプリートをベースに製作。細部のパーツチョイスにもこだわることでよりビンテージテイストを強めたオールドレーサースタイルとなった。
詳細はコチラ→https://sr400times.com/custom-sr/262_twopercenter.html

 

 

関連記事