ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン

2018年12月05日

my SR400「エブサン号」にETCを取り付ける【再掲載】


s160528-01
取材協力:太洋モータース
※2016年5月30日の記事を再編集しました。記事に掲載のキャンペーンなどは終了していますので、ご了承ください。

 


あればやっぱり便利! 取り付け方法にこだわって装着!!

 2016年4月末から二輪車ETC車載機購入助成キャンペーンがはじまった。これは10月31日までに車載器を購入して取り付け、セットアップをすると1万5000円の助成を受けられるというもの(編集部注:すでに終了)。といいつつも、先着5万台ということで、期間中でも規定数に達すればキャンペーンは終了! これはもう、急ぐしかない!!
ということでエブサン号に乗った僕が向かったのは東京・阿佐ヶ谷にある太洋モータース。
まずは代表の稲村さんに、取り付けにあたっての希望を伝える。ま、僕の希望はただひとつ、「目立たないこと!」。
さてさて、それではいったいどこに取り付けたのか(上の写真で思いっきり紹介してますね……笑)。手順と合わせて、見ていこう!

 

Shop SR Times

s160528-02a
s160528-02b
作業は太洋モータースにて。下の写真は代表の稲村さん。
メンテナンスからカスタム、新車購入から中古車まで、なんでもお任せできる頼れる方なのです!

 

s160528-03
アンテナ一体型は僕としては絶対NG。市販のETCケースもなるべく使いたくない……という“わがまま”に応えるために選んだ設置場所は、車載工具を入れるスペース。
まずは車載工具を収納する樹脂製ケースを取り外す。

 

s160528-04
邪魔なのでサイドカバーも取り外してしまう。

 

s160528-05
エアクリーナーボックスの下側に貼り付ければ、なんとかいけそう!

 

s160528-06a
s160528-06b
ただし、車載工具ケースをマウントするステーが邪魔だ……。これは切るしかなさそう。

 

s160528-07
一応、シート下と左サイドカバー内側をチェック。
バッテリーやフューエルポンプがギッチギチに詰まっており、ETCを置く場所はナシ!

s160528-08
僕がチョイスしたETC機器はミツバサンコーワのMSC-BE51。
アンテナ別体式で、カード挿入はスライド式。今回の取付方法にぴったりの逸品である。

 

s160528-09
実際にETC本体を当てがってみる。うん、いけそう!

 

s160528-10
ただ、作業をするのにインナーフェンダーが邪魔。とりあえず外してみる。

 

s160528-11
インナーフェンダーがなくなって見晴らしがよくなったところで、さきほどのマウントステーを切る。

 

s160528-12
ステーを切ったあと、ETC本体を取り付けるのにチェーンガードも邪魔になることが判明。
効率よく作業をするために、邪魔なものはとにかく取り外していく。

 

s160528-13
エアクリーナーボックス底面に貼り付けるためのボードをワンオフ製作。
サイズを測る。

 

s160528-14
アルミ板を切る!

 

s160528-15a
s160528-15b
実際にETC本体に合わせて微調整。さらにバリを落とし、最後は強力両面テープで本体に貼り付ける。

 

s160528-16
エアクリーナーボックス底面に強力ベルクロテープを貼り付け、ETC本体に貼り付けたアルミ板にも強力ベルクロテープを貼る。これで本体の設置は完了!

 

s160528-17
ETCの電源をどこから取るか?
SRにはアクセサリー電源はないので、テールランプから取ることになった。

 

s160528-18
配線加工!

 

s160528-19
車体左側から配線を通す。

 

s160528-20
アンテナはハンドルスイッチ左側の上、ギリギリの位置にステーを作ってもらうことに決定。
この位置だと、もともと大きいスイッチボックスがあるので、そんなに目立たないのだ。

 

s160528-21
こういうパーツは配線処理が重要! フューエルタンクを取り外す。
ちなみにキャブモデルと違って、SRタイムズ号はF.I.なので、タンクを外すのもとっても大変なのだ。

 

s160528-22
アクセルワイヤーに沿って配線を設置していく。

 

s160528-23a
s160528-23b
見よ! この美しさ! アンテナ側も本体側も完ぺきです。

 

s160528-24
配線処理は完了。フューエルタンク、シート、左右サイドカバーを元に戻す。

 

s160528-25a
s160528-25b
アンテナのステーを、さきほどと同じアルミ板を使ってワンオフ製作。

 

s160528-26a
s160528-26b
切ったり、曲げたり、穴を開けたり……。

 

s160528-27
完成したアンテナ用ステー。黒く塗ればさらに良いのだろうけど、早くつけたいのでとりあえずシルバーのままで!
あんまり気になるようなら、あとで自分で塗るつもり。

s160528-28
ステーはミラーマウント。アンテナ本体は強力両面テープで貼り付ける。
スイッチボックスとのギリギリのクリアランスがGOOD。
ハンドルやクラッチレバー、ミラーがシルバーなので、ステーも思ったほど気にならないね!

スポンサードリンク

s160528-29a
s160528-29b
というわけで作業終了!
ETC本体は綺麗に収まり、まったくといっていいほど目立たない。

 

s160528-30
アンテナも同様に目立たない。
オートバイらしいシンプルで美しいフォルムを持つSRだからこそ、ETCの取付にもこだわりたい。

 

美しいSRだからこそ、
取付方法にはこだわりたい!

 専用ケースで取り付ければ随分カンタンなはずなのに、今回はわざわざワンオフステーを作ってエアクリーナーボックス底面に取り付けてもらった。その結果、一見するとETCはまったく目立たず、取付前とマシンフォルムはまったく同じ。ちなみに取り外した車載工具はストバイ・サイドカーゴパックに入れているので、万が一のトラブルでも問題なし!
ルックスが気に入って乗っているSRだからこそ、ETCのようなパーツは十分にこだわって取り付けたいものである。
ETC助成キャンペーンはまだまだ継続中のようなので、この記事を読んで気になった人はぜひとも装着をオススメしたい。高速道路での利便性がグググッとアップしますよ! /SAGAYAN

 

関連記事