ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン

2020年06月22日

CRキャブのアイドリング調整を気軽にやりたいんだ!【編集日記】



取材協力:ナインゲート
写真と文:SAGAYAN

愛車1号機であるmySR400「Rural Racer」のアイドリング調整を容易にできるようにするため、今日もナインゲートにお邪魔してきた!

 


仕事もキャブも、リモートが旬!?

Rural RacerにはCRキャブを装着しているのだが、アイドリング調整ネジがちょうどフレームに当たってしまって、ずっと調整しにくいのを不満に感じていた。指では回すことができず、プライヤーでなんとか回せるのだが、そうするとフレーム塗装を削っているようで、なんだかヤな感じ……というわけでナインゲート・細井さんに相談。リモートアイドルアジャスターを装着することにした。

―――

これはどういうものかというと、アイドリング調整ネジの代わりに装着。アジャスター自体は長いので、シートレールの下などに固定すれば、簡単にアイドリング調整ができるというシロモノなのだ。

こんな便利なものがあるなら、早く装着すれば良かった!

(いや、アジャスターの存在は知ってたんだけど、なんとなく「ま、いっか」てな感じで放置してただけなんだけどw)

―――

とういうわけで、装着開始! もはや仕事もアイドリング調整も、時代はリモートですな!

―――

サクサクっと作業は終わると思っていたら、問題発生!

なんとフレームが近すぎて、アジャスターがバキッと折れ曲がってしまう。無理にシートレールに結んでも、スムーズにアジャスターを回せないことが判明したのだ。

むむむ。このまま諦めるのは口惜しい。僕はもう、気軽にアイドリング調整できる気マンマンでいたのだ。寿司を食いに行ったのに、寿司屋がしまっていたらショックだろう。この時はまさにそんな気分。

なんとかならないかと考えてみて……そうだ! 元の調整ネジのアタマを削ればいいんじゃね?

関連記事