ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン

2020年06月02日

mySR400「エブサン号」にUSBチャージャーを装着して、実用性大幅UP!!



取材協力:ナインゲート
写真:編集部 文:佐賀山敏行

通勤や取材時、さらに休日のツーリングと、まさに僕の「足」として大活躍してくれている僕の愛車・2014年式YAMAHA SR400「エブリデイ☆サンデー号(通称:エブサン号)」。SRとしてのスタイリングを追求するとともに、利便性も両立させたいと常々思っていて、今回、ついにUSBチャージャーを装着することにした!

 


 

電池残量を気にせずスマホナビをガンガン使えるって、素晴らしい!

スマホをナビ代わりにして使っているのだが、当然、電池の減りが気になってしまう。常にモバイルバッテリーを持ち歩いているので、ちょっと遠くに出かけるときは、あらかじめカバンにしまってあるモバイルバッテリーをポケットに入れ、コードをスマホに繋ぐのだが、これだって、いちいちカバンの中からバッテリーを取り出すのがめんどください。しかも、つい忘れてコードをつないだままバイクから降りようとすると、コードが引っ張られて、あやうくスマホホルダーからスマホが落ちそうになったり……。ともかく不満だらけ。

そんなわけで、USBチャージャーを購入した。

こだわったのはサイズ。SRは「シンプルだからこそ美しい」と思っている僕にとって、ゴチャゴチャしたハンドル周りはNG。ETCのアンテナも左ミラーにステーを作ってもらって、ハンドルスイッチと同化したようにしてマウントさせている。

まあ、スマホホルダーが目立つのは仕方ないとして(これも普段は取り外している)、USBチャージャーは装着しっぱなしになるので、やっぱり目立たせなくない。

そこで選んだのはデイトナだ。装着はすっかりおなじみ、ナインゲート・細井さんにお願いすることに。

―――

電源をどころから取るか……とりあえず、ヘッドライトを外し、配線をチェックしてみる。

―――

ヘッドライトは右下と左下にあるプラスビスを外せばOK。ヘッドライトカバーの中に配線がみっちりと詰まっている。

ちなみに上部にある黒くて大きいカプラーはグリップヒーター。

グリップヒーターの電源はメーターランプから取っているので、今回それは使えない。

―――

というわけで、他に電源に使えそうな配線を探す。

「うーん、フロントブレーキのスイッチが無難かな……」と細井さん。

―――

テスターでチェックしたのち、ブレーキスイッチの配線に、USBチャージャーを割り込ませるための加工を施す。

―――

アース(マイナス)はグリップヒーターと同じところに配線を入れる。マイナス側はボディーアースとなっていて、車体に電流を逃すだけなので、グリップヒーターと同じ場所でも問題はないというわけだ。

―――

さて、装着するUSBチャージャーはコチラ

DAYTONA
バイク専用電源 メインキー連動 USB1ポート(USB5V2.4A)
メーカー品番:99502
価格:3000円(税抜)

関連記事