ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン

2015年12月19日

Custom SR PLAY BACK!!/No.011~020


 

あるとあらゆるジャンルが集結!
よりどりみどりであなたも釘付け!

 ショップが手がけたカスタムマシンはそれぞれに個性があり、見ていてワクワクするものばかり。ハイパフォーマンスやチョッパー、カフェレーサーなど、多種多様なジャンルが掲載されているので、是非好みのマシンを見つけてほしい! /Hummer

 
Shop SR Times
 

011x
M&M’S MOTORCYCLE/1993 SR400 “Rural Racer”/No.011
 じつはコレ、当サイト編集長であるSAGAYANの愛車。ここで紹介しているのはM&M’Sさんで仕上げてもらった直後で、現在では基本的なスタイリングはそのままながら、ハンドルバーとリアサスペンション、フューエルタンクのステッカーなどを変更している。
本編を読む

 
012x
CANDY Motorcycle Laboratory/YAMAHA SR400/No.012
 「マウンテンデュー」をイメージした派手なペイントが目を惹くチョッパー。ちなみにこのマシンはその後、イメージチェンジを図り、当サイトでも再掲載されているのだ。それがどのマシンなのか? ぜひとも探していただきたい!!
本編を読む

 
013
Kid’s Garage/YAMAHA SR500/No.013
 純正のスタイルを十分に残しながら、エンジンや足周りに手を入れたキッズガレージらしい1台。独特のフォルムを持つシートにも注目です!!
本編を読む

 
014
CASCADA/YAMAHA SR400/No.014
 北九州市に拠点を置くカスカーダのパフォーマンス系カフェレーサー。漆黒の外装に豪奢な足周りが光るマシンだ。
本編を読む

 
015
Bike Garage THRUXTON/YAMAHA SR400 “R-II”/No.015
 2011年9月、山中湖ではじめて開催されたSRミーティングでお披露目されたスラクストンのデモマシン。当時はSRチャリティミーティングということではじめられ、今年はついに福島県江名港でも開催された。いわば、その起点ともいえる、まさに同店を代表する1台だといえよう。
本編を読む

 
016
Bike Garage THRUXTON/2007 SR400 “Estoy Contento”/No.016
 バイクガレーヂスラクストンとモトショップ五郎のダブルネームで製作され、カスタムバーニング誌でも製作過程を連載していたのが、このパフォーマンス・トラッカー。じつはもともと、当サイト編集長SAGAYANが所有していたモデルでもある。
本編を読む

 
017
SKULL Motorcycle/YAMAHA SR400/No.017
 独自のセンスと高い技術力によって、これまで数々のカスタムマシンを製作してきたスカルモーターサイクルによるSRチョッパー。シルエットこそオーソドックスに見えるが、じつは既存のSRカスタムとはまったく異なるリア周りの処理など、見どころの多い1台だ。
本編を読む

 
018
BAUL-CARA/YAMAHA SR400/No.018
 ワイズギア製キャストホイールやオリジナルシートなどをセンスよく組み合わせた、バールカーラ初期の一台。軽快感が魅力のマシンだ。
本編を読む

 
019
SKULL MOTORCYCLE/YAMAHA SR400/No.019
 おそらく世界で唯一であろう、ハブステアを装着したスカルモーターサイクルの代表作。フロント周りばかりに目が行きがちだが、リアサスペンションも独自の機構となっており、注目度大!!
本編を読む

 
020
Motorcycle’s BARN/1998 SR400/No.020
 同店のデモマシンに惚れ込んで新たにお客さんがオーダーした1台。デモマシン同様、シートレール加工を施し、マスタングタンクをワンオフで製作するなど、完成度の高いSRに仕上げられた。
本編を読む

 
Shop SR Times
 

関連記事