ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン

2016年02月20日

Custom SR PLAY BACK!!/No.081~090


 

チョッパーやカフェレーサーが大集合!
話題の10台が集結!

 人気コーナーのカスタムプレイバック! 今週も選りすぐりの10台が集合しました。普通に眺めるだけでもよし、カスタムの参考にするもよしショップの職人技を是非堪能してください。それぞれリンク先にも飛べますので、詳しく見たい方は利用してみてくださいね!/浜瀬

 
スポンサードリンク
001kiji-a_dellsara001kiji-b_hiroshima001kiji-c_baulcara001kiji-d_cascada
 

081
CASCADA/2002 SR400/No.081
 アルミパーツが眩しいロングタンクの、トラディショナルカフェレーサーが登場。ドラムブレーキパネルやオーバーレーシング製スイングアームなど、見どころたっぷりの仕様となっています。
本編を読む

 
082
CANDY Motorcycle Laboratory/YAMAHA SR400 “Black Berry”/No.082
 チョッパースタイルの新たな方向性を見せてくれたSR。ロングシルエットが最大の特徴ながらもバランス感覚が活きており、同店だからこそ完成させることができた一台です。
本編を読む

 
083
MotorGarage GOODS/YAMAHA SR400/No.083
 数多く使用されているボルトオンパーツは、オリジナリティ溢れるアイテムばかりで、同店ならではのフォルムに昇華。特徴的なロケットカウルは、ストリート感の強い印象を与えてくれます。
本編を読む

 
084
TIN MACHINE motorcycle/1994 SR400/No.084
 ティンマシン設立10年目を記念して完成させたSR400。同店のフラッグシップと呼ぶにふさわしいこちらのモデルをじっくり見たい方は、是非下記をクリック! 進化の過程も見ることができますよ!
本編を読む

 
085
MADE BY TTT/1997 SR400/No.085
 70年代チョッパーを忠実に再現した一台。フロントフォークはスムージング化され延長を施し、21インチホイールと相まって当時のロングフォークチョッパーを思わせるシルエットとなっています。
本編を読む

 
086
Bike Garage THRUXTON/YAMAHA SR400/No.086
 「WR250R」のタンクシュラウドやシート、リアフェンダーなどを違和感なく移植したSR400。エンジンを608ccにスープアップし、FCRキャブレターや、オリジナルチタンサイレンサーを使ったワンオフマフラーで完全武装した一台となっております。
本編を読む

 
087
CANDY Motorcycle Laboratory/YAMAHA SR400/No.087
 フューエルタンク、シートカウルはアルミワンオフ、車体に合わせた絶妙なフォルムと大きさで、レーシーなイメージ。この他にもワンオフパーツをふんだんに盛り込んでいます。オードレーサーをコンセプトにしながらも、キャンディらしいストリート感が素晴らしい!
本編を読む

 
088
2%er/1992 SR500/No.088
 60年代B級チョッパーを、見事に再現したSR500。オーナーは、「楽なポジションで速く走らせたい、人とカブらないスタイリング」と、ツーパーセンターへオーダーしたそうです。エンジン、ワンオフパーツなど、すべてのクオリティが高い一台です!
本編を読む

 
089
BAUL-CARA/YAMAHA SR400/No.089
 オールブラックで精悍なイメージの一台。フューエルタンクやシートはもちろんのこと、MT-03を流用したヘッドライドなどによって、現代的なヨーロピアンスポーツを思わせるスタイリッシュなフォルムへと変貌したSR400です。
本編を読む

 
090
Motorcycle’s BARN/YAMAHA SR400/No.090
 純正を加工したフューエルタンクやシートを用い、サイドカバーも装着したまま。ノーマルSRの良さを色濃く残した1台です。それでいて前後サスはローダウンし、前後ホイールは21-16インチ。オリジナル・ダンディバーも相まって、アメリカンテイスト漂うドラッグスタイルとなっています。
本編を読む

 
Shop SR Times
 

関連記事