ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン

2020年05月24日

Wedge Motorcycle/1998 YAMAHA SR400/No.310


取材協力:ウェッジモーターサイクル
写真:編集部 文:小川伸晃

 


肩肘張らずに楽しめるSRスクランブラー

独創的なカスタムセンスで様々なカスタムショーのアワードを獲得し、今やSRカスタムシーンの中でも重要なポジションを築くウェッジモーターサイクル。同店の特徴の一つが、余分なパーツを極限まで取り払ったシンプルなスタイリングだが、今回紹介するマシンにも、そんなショップの強みが存分に発揮されている。

スクランブラースタイルにカスタムされたこちらの1台。各部に目を向けると、シート下のスカチューンをはじめ、配線のハンドル中通し加工など、スタイリングを作り出す上で無駄な箇所を徹底的に排除しているのがわかる。加えて、灯火類などの各種パーツを小ぶりなものに換装し、リアフレームはループ加工を施すことで、元々シンプルなスタイリングを持つSRを、さらにシンプル&コンパクトに見せることに成功している。フューエルタンクの落ち着いたカラーリングと、ブラウンのシートの組み合わせによるどこかレトロな風合いなど、おしゃれなカラーリングセンスも健在だ。

決して奇を衒わず、オーナーが長く乗ることを考えて、細部まで丁寧に作り上げたこちらのマシン。派手さこそないものの、気軽に乗れて、毎日乗っても飽きない。むしろシンプルだからこそ、乗れば乗るほど味が出る……まさに日々の相棒と呼ぶにふさわしい1台だ。

関連記事