ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン

2020年05月08日

MADE BY TTT motorcycles/1997 YAMAHA SR400 “WHISPER”/No.307



取材協力:メイドバイスリーティーモーターサイクルズ
写真:伊勢 悟(COLORS) 文:佐賀山敏行

 


見た目も走っても“速い!!” TTT流ネオカフェレーサー

チョッパーにカフェレーサー、70年代ルックと、SRをベースにあらゆるスタイリングを具現化するのがMADE BY TTT。2019年末に開催された横浜ホットロッドカスタムショーに出展された1台は、そんな同店の懐の深さを見せつける1台だ。

ベースとなったのは97年式……いわゆる2型のSR400だが、同店では前後足周りを前後ともTZR250から流用。フロントにダブルディスク、リアもディスクブレーキを採用し、その雰囲気を一変。それでいてホイールはスポークタイプを維持することで、SRが持つクラシカルなイメージも絶妙なバランスで維持しているのだ。そのバランスは決して足周りだけでなく、たとえばブルックランズ製フューエルタンクとシングルシートカウルの組み合わせや、低く構えたハンドルバーにシンプルなヘッドライト……それでいてバルブにはLEDを採用している点などからも見て取れる。すべてのパーツが、一工夫凝らしたこだわりによってチョイスされているのである。

当然ながら、エンジンも吊るしのままではない。

クランクには500純正を使い、シリンダーはボーリング加工、そしてピストンとカムシャフトはともにヨシムラをチョイス。さらにチタンバルブやポート加工、クランクケース加工を施し、排気量は523cc。キャブレターはFCRで、エキゾーストはオーバーと、まさにスポーティーなSRが選択するべき「黄金の組み合わせ」によって構成されている。

人目を惹きつける派手なグラフィックはもちろん、MADE BY TTTによるもの。

カフェレーサーともパフォーマンスとも違う、近年人気のネオカフェレーサー……SRをベースに、新時代のカスタムを最高のバランスでまとめあげた秀作だ。

関連記事