ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン

2020年02月03日

REYNAL/1992 SR400/No.246



取材協力:レイナル
文:小川伸晃

※2018年1月26日の記事を再編集しました。

 


SRらしさを残した
シンプルなアメリカンレーサー

SRらしさを残した、シンプルでハイセンスなカスタムに定評のあるレイナル。その新作が、ここに紹介する1台だ。

同店が得意とするアメリカンレーサーを意識して製作されたこちらのマシン。フロントフォークのローダウンやシートレール加工をはじめ、イエローグラスのヘッドライトや縦溝タイヤ、そして本革ベイツタイプシートなど、ツボを押さえたパーツチョイスで、60~70年代を彷彿とさせるヴィンテージ感溢れる見た目に仕上がっている。特に注目なのがスタイリングの要であるフューエルタンク。純正品を分割、加工し、純正のフォルムはそのままにひとまわり小さく仕上げることで、フルカスタムながらSRらしさを残しつつ、マシンをコンパクトに見せることに成功している。

シンプルなスタイリングは一見簡単そうに見えるが、その実、シンプルだからこそ全体のバランスが重要であり、加えてビルダーのセンスがダイレクトに反映される難しいカスタムである。そういった意味でも、シンプルの中にSRらしさのみならず、オリジナリティを感じさせるこのマシンは、まさに「レイナルらしい」1台といえるだろう。

関連記事