ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン

2020年01月16日

Motor Garage GOODS/1994 SR400/No.239



取材協力:モーターガレージグッズ
文:小川伸晃

※2017年12月15日の記事を再編集しました。

 


ワンオフ&ボルトオンパーツによる絶妙なポジションのボバー!!

かゆいところまで手が届く豊富なパーツ展開で、多くのSR乗りから熱い支持を得るモーターガレージグッズ。そんな同店が今回製作したのが、クラシカルな雰囲気満点なボバースタイルのSRだ。

低い車体にコンパクトなフューエルタンク、そしてクラシカルな雰囲気の縦溝タイヤなど、カスタム、パーツチョイスともにボバースタイルのツボをしっかりと抑えているこちらのマシン。グッズといえば数多くのボルトオンパーツをリリースしているが、こちらはボルトオンパーツを使いつつ、フューエルタンクやマフラーなど、主要パーツをワンオフとすることで、よりオリジナリティを高めることに成功している。そして、同店が最もこだわったのが乗車時のポジションだ。絞り気味のハンドルとしっかりと腰をホールドしてくれるワンオフシート、そしてミッドステップが、見た目、乗り味ともに絶妙なポジションを作り出している。

カスタムマシンは飾り物ではなく、実際に乗って走って楽しむもの。そういう意味でも、単なる見た目だけでなく、ライダーがまたがった状態でカッコよく見えるよう計算されて製作された今回のマシンは、まさに「人馬一体」という言葉がふさわしい一台といえるだろう。

関連記事