ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン

2016年03月12日

Custom SR PLAY BACK!!/No.106〜110


 

チョッパーやスクランブラーが登場!
カスタムの参考に是非!

 今週もやって参りましたカスタムプレイバック! 毎週様々なジャンルのSRが登場しており、非常に人気のコーナーです。今回は、チョッパーやスクランブラーなど注目の5台をご紹介します。カスタムの参考に是非ご覧ください!/浜瀬

 
スポンサードリンク
001kiji-a_dellsara001kiji-b_hiroshima001kiji-c_baulcara001kiji-d_cascada
 

106
2%er/2003 SR400/No.106
 シンプルかつ王道的なスタイリングを持つチョッパーだが、フロントフォークを延長するだけでなく、じつはスイングアームも延長。フロントホイールはチョッパー定番かつ大柄な21インチで、リアもあえて18インチとしており、オーナーが跨がっても決して小さすぎることはない。むしろベストバランスとなっている。
本編を読む

 
107
CANDY Motorcycle Laboratory/YAMAHA SR400/No.107
 シルエットだけを見ると、ドロップ加工されたシートレールにスポーツスタータンクなどSRチョッパーらしいものとなっている。しかし、倒立フロントフォークにウェーブディスク&ブレンボキャリパー、そして豪奢なスイングアームなどはまるでハイパフォーマンスマシンである。高い走行性能と新たなスタイリング……それをみごとに具現化した、キャンディの意欲作だ。
本編を読む

 
108
Greentea/1994 SR400 “あれこれ弐号機”/No.108
 純正タンクやサイドカバーなど、ストックの面影を色濃く残しつつ、独自のチューンナップメニューによってハイパフォーマンス化。SRの良さを活かしつつ、高い性能を与えた1台だ。アップライトなポジションに最強の足周り、そしてスクランブラーを思わせるシルエット……バラバラに思える要素をみごとにまとめきるグリーンティのセンスに注目!
本編を読む

 
109
MOTO SHOP 五郎/YAMAHA SR500/No.109
 ベースとなったのはSR500で、フレームに大きな加工は施さず、足周りもSRらしさを崩すようなパフォーマンスUPは施されていない。しかし、フロントホイールは19インチに変更し、トラッカーらしいシルエットを形成。タイヤはもちろんダンロップK180をチョイスしている。
本編を読む

 
110
MOTO-DOG/YAMAHA SR400/No.110
 もともとはセパレートハンドルを装着したパフォーマンス系カフェレーサーだっというマシンだが、今回リメイクを敢行。アップハンドルを装着するとともに、シングルシートを装着。さらにマフラーを同店によるワンオフメガホンタイプに換装することで、ストリートファイターを思わせるフォルムとなった。
本編を読む

 
Shop SR Times
 

関連記事