ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン

2016年02月19日

井上ボーリング × M&M’s motorcycle/2006 SR400 “SR-ICBM for VMX”/No.159


159
取材協力:井上ボーリングエムアンドエムズモーターサイクル

 

井上ボーリングと
M&M’sモーターサイクルのコラボレーション!

 60-70年代のアメリカンダートスタイルをSRで再現するM&M’sモーターサイクルと、ICBMアルミメッキシリンダーで高い注目度を誇る井上ボーリングのダブルネームで製作された1台が登場。

 スタイリングはM&M’sが得意とするダートスタイルだが、今回は「エンジンが主役」ということで、大幅なモディファイは施さず、フューエルタンクや車高などは純正を踏襲することでSRらしさを十分に残している。それでいて軽快な雰囲気を与え、スクランブラー然としたルックスにまとめあげるのは、さすがM&M’sといったところ。
 そして気になるエンジンは、排気量はあえて399ccのままで、クランクを計量化、シリンダーには井上ボーリングが誇るICBMアルミメッキシリンダーを採用。軽さに加え、放熱性や耐久性が飛躍的に向上したというエンジンは、見た目には純正とほとんど変わらないのが大きなポイント。SRエンジンのウィークポイントをみごとに改善したエンジンは、今後、当サイトでぜひインプレッションをしてみたい。

 ライトなスタイリングに最高級のエンジンの組み合わせ……真のSRフリークならば、気にならずにはいられない。そんな1台だ。

 
スポンサードリンク

 
159a
ハンドルバーはハリケーン製。トラッカー的なスタイルにブレースを装備する。

 

159b
スタイビライザーはM&M’sオリジナル。人気の一品だ。

 

159c
純正ウインカーマウントは切断しているが、基本的には純正を踏襲。
シートはM&M’sによるワンオフだ。

 

159d
見た目にはペイントが施された純正エンジン。
しかし中身は、軽量クランクにICBMアルミメッキシリンダーを装備したスペシャル仕様!
SRの可能性を広げる、気になるエンジンである。

 

159e
ICBMアルミメッキシリンダーは見た目は純正と同じ。そこで、シリアルナンバープレートが装着される。

 

159f
リアフェンダーやテールランプはM&M’sオリジナルカスタムではおなじみのセットアップ。

 

159g
ダウンマフラーはワンオフ。スクランブラーテイストを盛り上げる逸品だ。

 

159h
サイドカバーには井上ボーリングとM&M’sのステッカーが貼られ、このマシンが両者のダブルネームであることを主張する。

 

159x
159y

Custom Spec
エキゾーストパイプ:ワンオフ/ヘッドライト:5-3/4インチベイツライト/テールランプ:ルーカスレプリカ/ウインカー:EXミニウインカー/ハンドルバー:ハリケーン/スピードメーター:ミニスピードメーター/シート:M&M’s ワンオフ製作品/フロントフェンダー:M&M’s フォークスタビライザー/リアフェンダー:M&M’s アルミフェンダー/カムシャフト:ノーマル/ピストン:純正400ピストン/シリンダー:ICBMメッキシリンダー(井上ボーリング)/クランク:400ベース軽量クランク/ペインター:M&M’s ……etc.
 
Shop SR Times
 

関連記事