ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン

2018年08月02日

2%er/1997 SR400/No.156【再掲載】


156
取材協力:ツーパーセンター
※2016年2月6日の記事を再編集しました。

 

長距離クルーズもラクにこなす!
実用性も考慮したリラックス・チョッパー!!

 「チョッパー」と聞けば、多くのSR乗りは「コンパクトなローダウンスタイル」や「ストリート」などのキーワードを思い浮かべるだろう。しかし、チョッパーとは元はアメリカンスタイルのカスタムであり、「旅」も重要なファクターとなっていることを、忘れてはならない。たとえば、映画「イージー☆ライダー」もチョッパーでアメリカ大陸を走るロードムービである……。

 ツーパーセンターが製作したのは、まさに“チョッパー”と“旅”を結びつけた1台。ビルダーの山口さん曰く、「休みのたびに相当な距離のロングツーリングに出かけるオーナーのために製作した」とのこと。シッシーバーは荷物をくくりつけるのに便利だし、シートも適度な肉厚具合でロングライドでも疲れ知らず、ハンドルバーはオーナーに合わせて何度も調整したという力作だ。
こうして完成したスタイルはもちろん、同店が得意とする60年代、アメリカのアウトローを強く意識したものである。

 “旅”をイメージしつつも、アプローチの仕方によって一般的なツアラーカスタムとはまったく異なる表情を見せるツーパーセンターのカスタムSR。そのセンスには、脱帽だ。

 




156a
定番のボトムマウントではなく、サイドマウントをチョイスするのがツーパーセンター流。

 

156b
ハンドルバーは同店によるワンオフ。
オーナーの体格に合わせるため、何度も調整し直したという。

 

156c
ホイールはあえて18インチ純正のまま。
フロントフォークには15cmフォークジョイントを装着し、絶妙なシルエットを形成する。

 

156d
ビンテージコフィンタンクを加工して装着。
特殊なエイジング加工が施されたペイントにも注目だ。

 

156e
シート下にはオイルタンク風電装ボックスを設置。
マシンの雰囲気を高めている。

 

156f
いかにも座り心地の良さそうなシートも同店オリジナルだ!

 

156g
同店のカスタムではすっかりおなじみのミッドハイステップキット
絶妙なライディングポジションを実現する人気のアイテムだ。

 

156h
オリジナルシッシーバーのサイドプレートを使用しつつ、バー部分をワンオフ。

 

156x
156y

Custom Spec
エキゾーストパイプ:ワンオフ/サイレンサー:ターンアウト ワンオフ/キャブレター:FCR39/ヘッドライト:オールドベーツタイプ サイドマウントライトキット/テールランプ:ルーカステール/ウインカー:スモールバレット/電装ボックス:オイルタンクタイプ電装ボックス/ハンドルバー:ワンオフ/ハンドルポスト:パウコタイプスクエアライザー 3インチ/シート:オールドスクールダブルシート2/ステップ:ミッドハイステップキット/フューエルタンク:ビンテージコフィンタンク加工取りつけ/フロントフェンダー:フロントアイアンフェンダー/リアフェンダー:リアアイアンフェンダー/フロントフォーク:15cmフォークジョイント/リアサスペンション:280mm G-サスペンション/Fタイヤ:ピレリレプリカ(サイズ 4.00-18)/Rタイヤ:ピレリレプリカ(サイズ 4.00-18) ……etc.

Shop SR Times

関連記事