ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン

2016年08月07日

Custom SR PLAY BACK!!/No.166〜170


 

チョッパー、カフェレーサー……
バラエティ豊かなカスタムの数々!

 大好評のカスタムプレイバック!! 今回はKID’S GARAGEのカフェレーサーやCANDY Motorcycle Laboratoryのチョッパーなど、あらゆるジャンルのカスタムマシンが揃いました。今年3月に紹介した5台はどれも奥深さを感じるものばかりです。じっくりとご覧ください!/浜瀬

166x
WEDGE/1996 SR400/No.166
 前後ホイールはもとより、スイングアームにフロントフォーク、さらに前後ブレーキなどをFZR250から流用。それでいて、フロントはフェンダーレスで、ヘッドライトは4.5インチベーツライトをチョイス。コンパクトなシートカウルは同店によるワンオフである。
本編を読む

 
167x
POSH/POSH Faith/2003 SR400/No.167
 すべてをボルトオンで製作した一台。ローコストで仕上げることを目標として掲げられており、アフターパーツメーカーらしいアプローチに好感が持てる。具体的にいうと、ベースモデルはイモビライザー付きで、トップブリッジを交換すると、どうしても高額になりがちだが、このマシンはそんな現状を打破するためのパーツ開発が行われているのだ。
本編を読む

 
168x
KID’S GARAGE/1998 SR500 “YAMAHA号”/No.168
 ベースとなったのはSR500で、排気量を595ccにまでアップ。キャブレターはFCRをチョイスし、クラフトマン製メガホンマフラーはカフェレーサースタイルに似合いながら、パフォーマンスアップも期待できる逸品だ。さらにスポークホイールでクラシカルさを演出しながらも、フロントブレーキはブレンボ製レーシングキャリパーやニッシン製ラジアルマスターによって制動力を確保している。
本編を読む

 
169
CANDY Motorcycle Laboratory/YAMAHA SR400/No.169
 シートレールを大胆に加工し、前後ホイールは21-16インチの組み合わせ。小ぶりなフューエルタンクやワンオフのソロシート&ピリオンパッドなど、スタンダードなスタイリングとなっている。しかし、このマシンはSRチョッパーで定番のコンパクトスタイルではなく、100mmロングのワンオフロンスイを採用することによって大柄なフォルムとなっている。これは、オーナーの「とにかく低く」という要望を実現するためのものだ。
本編を読む

 
170x
GREED MOTORCYCLE/YAMAHA SR400 “BOBBER”/No.170
 フレームはシートレールを加工し、前後サスをショート化することでローダウン。丸みを帯びたフューエルタンクやビンテージ感を高めるシートは、ともにワンオフで、ハンドルバーや電装ボックスなど、車体の印象を決定づけるパーツもワンオフで製作している。こうしてワンオフパーツを多用することで、シンプルななかにも高いオリジナリティー、そして高いバランスを持つ車体が完成した。
本編を読む

 
Shop SR Times
 

関連記事