ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン

2020年07月29日

N2 AUTO/1988 SR500/No.045


045
取材協力:エヌツーオート
写真:編集部 文:佐賀山敏行

※2013年2月21日の記事を再編集しました。

 


ショーを意識した豪快な足周りに注目!!

毎年末、横浜で開催されるヨコハマホットロッドカスタムショー。ここには全国から多くのカスタムショップがその1年の集大成ともいえる力作を持ち込むのだが、エヌツーオートが製作したのも、そんな気合いの入った1台だ。

SRの面影を残すのは、もはやエンジンとフレームの一部のみで、そのほとんどをワンオフによって製作。とくに注目はリア周りで、丸パイプに微妙なアールをつけたスイングアームは同店によるワンオフ。リアサスをモノクロス化することで、そのフォルムを純正から大きく変えている。

また、ホイールはマルケジーニ製マグホイールを前後ともにチョイス。異形のスタイリングにレーシーなオーラを纏わせることで、マシンにスピード感を与えることに成功している。

フューエルタンクにはコフィンタイプを採用し、グリップも鋭端なアルミグリップを使うなど、随所にチョッパー的アプローチを取り入れ、キャブレターも定番のFCRではなくあえてクラシカルなCRを装備している点にも注目。じつに自由な発想で作られているのが分かるだろう。

ノンジャンルでミクスチャー。しかし自然とバランスの取れたシルエットはまさに極上。年末のショーを鮮やかに彩る1台であった。

045x

―――

Shop SR Times

関連記事