ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン

2015年05月06日

インタビュー/バイクガレーヂ スラクストン代表・田中新二さん(後編)


report03-16
前回のインタビューでは主に山中湖のミーティングについて聞いた。後編となる今回は、今年初開催となる福島県江名港でのSRミーティングをメインに聞いてみた。
取材協力:バイクガレーヂ スラクストン
前編はコチラ

 
スポンサードリンク

 

2015年はなんと2回開催!!
そこにある「福島の現在を知ってほしい」という想い

編集部(以下、編)ーすっかり「年に1度のSRのお祭り」ということで浸透してきたと、僕も思います。田中さんから「SRミーティングの日程が決まった」と連絡がきたときに、当サイトで速報を出したら、FacebookやTwitterですごい勢いで広まりました。当日はアクセスもずいぶん伸びましたし、「みんな待ってたんだなぁ」って実感しました。ー
森下さん(以下、M)「待ってくれてるんですよね。新しいお客さんにも来てほしいよね。これからSRに乗ろうかどうか迷ってる人とかね」
田中さん(以下、T)「名前は『SRミーティング』なんだけど、別にそこにエストレヤがいようが、どんなバイクで来ようがいいと思うんですよ。今回はロイヤルエンフィールド専門のウイングフッドさんも出店してくれるし、そうすると多分、ロイヤルエンフィールドのオーナーも来てくれると思う。でも、そこでまたSRってバイクを見てもらって、それ『いいなSR』って思う人もいるだろうし、逆に『エンフィールドいいね』って思うSRオーナーもいるだろうし。SRミーティングって名前だけど、本当はオートバイのミーティングでいいと思うんだよね。誰でも来て、見て、感化されて、そのなかで『じゃあ俺もSR乗ろうかな』って人が出てくれれば楽しいと思う。俺たちがミーティングをやって利益が出るわけじゃないから。本当に単なるお祭りだよね」
M「お客様還元のつもりです(笑)」

編 ー赤字にはなっていないのですか?ー
M「最初の頃は運営が下手で、ずっと赤字だったんですよ。たとえばTシャツが何枚くらい売れるのか全然わからなくて、結局売れ残ったりして。だけど続けるうちにそういうのが段々上手になってきて、今はやっとトントンくらいになりましたね。去年はポッシュさんがスポンサーになってくれたのは、そういう理由からなんです。『いつもスラクストンだけに赤字を食わせて、自分たちは出店するだけの立場だけじゃいけないから』って言ってくださって」

編 ー単一車種でこれだけ集まるイベントはスゴイですよね。遠くは九州からとか自走で来られますしね。ー
T「1人1人のパワーがスゴいよね。今年は福島でもやるから、東北の人にも参加してほしいよね」
M「2011年9月はチャリティーミーティングということで開催したんです。それで2011年、2012年のミーティングは私が犬が好きだから、緊急災害時動物救援本部に寄付をさせていただきました。そして2014年の開催時に調べたら、動物の方はだいぶ落ち着いてたんです。じゃあ他に足りていないところに寄付したいなぁって思って出会ったのが、財団法人東北復興支援推進協会の方々。2014年はそちらに寄付をしたのですが、ミーティングが終わったらすぐに会長さん方がお店までいらして、『是非SRミーティングを福島でやってくれないか』って話を頂きまして、今年、開催することになったのです。会長さんが言うのは『とにかく福島はいま放射能の影響もないし、1人でも多く、現状を知って欲しい』と。いろいろと福島の話を聞いて、100%の力にはなれないけど、できることがあるならやらせて頂きたいっていう気持ちですね」
T「やるからにはしっかりとやりたいです。だけど福島でやるって決めた時に、『待てよ』と。関西の人が福島まで来てくれるかなと。そこが第一関門ですよね。いまだに、その関門にはぶちあたってるんだけど(笑)。やっぱろ『遠い』とか、『放射能が……』とか言う人がいるわけですよ。それで『(イベントは)SRだけじゃヤバイぞ』と。『これはヤマハさんに助けてもらわないと無理かな』と思ったので、話を持っていったらすぐに協力してもらえるということで、今はヤマハさんにも力を貸してもらってますね」

編 ー出店はどういう状況ですか?ー
T「まだまだ少ないんで、山中湖に出店してくれた人たちのところを当日、回ろうかなぁ、と。『東北も来てくださいよ』って(笑)」
M「現地の方が仰った『他の地域は注目されてても、福島は忘れられた被災地なんです』という言葉がズシンときて……」
T「福島だって震災の被害もあるのに、原発ばっかりが注目されてるんだよね」
M「誤解している人がすごく多いんですけど、いま福島には放射能を計る機械があちこちに設置されているんです。その数値はまったく問題のないもの。福島にももちろん老人もいれば子供もいる。だから空気や土や食べ物の数値を毎日計ってるんです。意識が高いぶん、東京よりよっぽど安全なんですよ。それを1人でも多くの人に知ってもらいたいですね」
T「この前、現地(江名港)に視察に行ったけど、そこに置いてあった機械の数値は0.008μSv/h。これはまったく問題のない数値。もし問題があったら、まずいわき市の人がわざわざ誘わないでしょう。ヤマハだって頑張ってお客さんを集めてくれるって言ってくれてるし、我々は我々でSRに興味のある人に来てほしいなぁって思っています。福島っていっても、会津や郡山のイベントは結構あるんだけど、あえて太平洋側でやるイベントはそうそうない。だからこそ、もう本当に『みんな、安心して遊びにきて下さい』って言いたい。漁港だからロケーションもスゴく良い。秋刀魚をふるまってくれるし、商店街の店や食べ物もあるし、近くに温泉もある。余裕がある人は1泊くらいするのが良いと思いますよ。とにかく、東北でははじめてなんで、実際どれくらい集まるかも分からないけど、今後、定例化できるイベントにしたいよね」
 

report03-32
バイクガレーヂ スラクストン
田中新二さん
 
 
s003as003
5月10日のSRミーティング山中湖、9月13日は福島県江名港で開催だ!!
イベント詳細はこちら
 

関連記事