ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン

2017年10月07日

Special Issue……軽量クランクを組み込んだ“SR-ICBM for VMX”で湘南をぶらり!



写真:井上 演
取材協力:井上ボーリング

先日、当サイトでも紹介した井上ボーリング・オリジナル斧型軽量クランク。気になるのは当然、その乗り味だ。そこで今回は、件のクランクを組み込んだ同社デモマシン・“SR-ICBM for VMX”を借りてインプレッション! 神奈川県湘南地方までぶらりと走りに行ってみた。/SAGAYAN

 


SRの魅力は「数値的なスピード」ではない。
法定速度域をエキサイティングにしてくれる!

井上ボーリングといえば、SR用アルミメッキシリンダー「ICBM(Inoue boring Cylinder Bore finishing Method)」をリリースし、SRのエンジンに高い耐久性と放熱性をもたらし、「いつまでも愛車に乗り続けられる」……そんなSRフリークなら誰もが想うことを実現させてくれるメーカーだ。実際に「ICBM」は好評で、SRのみならずカワサキ・マッハシリーズやZなどの旧車オーナーからも支持を受けている。

SRも継続モデルを開発中とはいえ、現在は生産終了中。あらたにリリースされたとしても年々厳しくなる環境規制のなかで、いつまで発売されつづけるかもわからない状況である。そうなると今後、パーツ供給への不安も出てくるだろう。そんなときに半永久的な耐久性を持つ「ICBM」は、今以上に重要な意味を持つはずだ。

 

そして、僕の愛車「Rural Racer」は1993年式で、旧車とは言わずとも、かなり年季の入ったモデル。もともとワンオーナー車で、詳細な実走行は不明ながらも、おそらく40,000kmは走っているはず……。そろそろオーバーホールをしたいなぁ、なんて(ずーっと)思っているのだが、せっかく交換するなら「ICBM」を入れたいと考えていたのだ。そんなときに、今回の斧型軽量クランク・ニューリリースのニュースである。「せっかくエンジンを開けるのなら腰下までやって、500cc化もアリだなぁ~」なんて思っていたところに、である! 気にならないわけがないではないか!!

 

当サイトのエッセイで井上社長が常々書かれていることには、僕も100%同感だ。これまでハイカムを入れた525ccや534ccというチューンドSRを所有してきた今の僕の愛車2台は、ともに純正400ccのまま。単気筒らしくトコトコと走り、ちょっとぶん回せばしっかりと車の流れもリードする。それで十分だし、笑顔で走ることができるのだ。

では、どうして僕はRural Racerのエンジンオーバーホール時に500cc化を検討しているのか? それは決して速くするためではなく、乗り味を変えるため。せっかくなら、もっと単気筒らしく、ロングストロークのドコドコ感を増した方が、乗った時の「笑顔」も増すと考えたのだ。

しかし、そこにきての斧型軽量クランク、である。同社・大澤さんの「500ccにするだけがSRのエンジンチューニングと認識されている現状を変えるべく……」という言葉がおおいに興味を湧き立てる。実際に僕は純正500を所有していたこともある。あの面白さをRural Racerにも投入したいと思ったのだが、400ccのままでチューニングを施し、また違う面白さを引き出せるなら、ぜひとも体感してみたい!

そこで、同社のデモマシン・SR-ICBM for VMXをお借りすることになったのである。

 

……と、ずいぶんと前置きが長くなってしまった。ちなみに井上ボーリングに実際にバイクを借りにいったのは、編集部員・浜瀬である。僕よりも先にSR-ICBM for VMXに乗った彼の感想は「面白いし、軽い!」というもの。本人の愛車「Cafe Racer HUMMER」のエンジンは純正400ccなのだが、それよりも断然アクセルが軽く、同じバイクとは思えないとのこと。ほほぉ〜、これは随分と楽しみだ。

というわけで、浜瀬が借りてきた翌日、実際に僕もSR-ICBM for VMXを走らせることとなった。向かう先は湘南地方。編集部がある東京都小平市からは、圏央道を使えば1時間半ほどで到着する。

まず、キックスタートは軽い。純正に比べて特段軽いというわけではないが、始動性は良い。小ぶりなリバースコーンタイプのサイレンサーからは小気味良く、元気なエキゾーストノートが響く。さて、スタートだ!

 

走り出すと、その違いはすぐに分かる。2014年式SRタイムズ号とも、1993年式Rural Racerともまったく異なるフィーリング。とにかくアクセルが軽く、SR特有の粘っこさは薄められ、軽々とエンジン回転を上げていく。吸気にF.I.システムを採用するSRタイムズ号はキャブレターモデル(特に2001~2008年モデル)よりもトルク感が増した印象で、それに比べるとたしかにトルク感が多少削がれている感は否めない。しかし、それが気になるレベルかというと、決してそんなことはなく、「回して楽しいエンジン」という新たな特性が与えられたことで、スポーティーな気分を高めてくれる。むしろ同じキャブレターモデルのRural Racerと比べると、エンジンのキャラクターがハッキリした分、SR-ICBM for VMXの方が楽しい。

 

高速に乗ってみると、その楽しさはさらに増す。純正エンジンのまったりした感じではなく、まるでエンジンが「キビキビ走ろうぜ!」と言っているかのようで、高回転域をキープしながら走るのが心地よい。井上社長は以前、2ストロークエンジンの「もっと回してほしい!」と訴えているかのようなレスポンスが好きだと話してくれた。決してスピードメーターが指す数値は速くなくとも、エンジンが元気に回ることによってスピード感を感じ、エンジンの鼓動を感じ、楽しく走れる。そんな2ストローク的資質を、たしかにSR-ICBM for VMXからも感じることができるのだ。

SR-ICBM for VMXは決して最高速度が増すわけではない。しかし、下道なら60km/h、高速道路なら100km/hという法定速度内を楽しく、エキサイティングに走らせることができるのだ。そう、100km/hまでの加速が抜群に心地よく、60mk/hでの巡航にほかにはないスピード感を味わうことができる。これまでたくさんのチューンドSRに乗ってきたが、こんな経験ははじめてだ。

 

軽量斧型クランクの特性をハッキリさせるためにSR-ICBM for VMXではキャブレターはあえて純正負圧式を採用しているが、これにFCRやCRキャブを装着すれば、その乗り味はどうなるか……。それもまた、非常に気になるところだ。

……いや、それは僕のRural Racerで試せばいいのか(笑)。500ccよりも軽量斧型クランク……オーバーホール&チューニング計画が、いよいよ現実味を帯びてきたぞ!

 

というわけで、湘南の海に到着。休憩してから、さらに北上し、河原にあったダートにも入った。うん、やっぱりSRは楽しい!

SR400のエンジンはもともとビッグボア・ショートストロークなのだが、その特性がより強調されているのがSR-ICBM for VMXである。500cc化でロングストロークも単気筒らしさを増すことができるが、400ならではのショートストロークの軽快感をさらに増したいというなら、断然、軽量斧型クランクをオススメしたい。

 
↓↓下の商品はShop SR Timesでも購入できます↓↓

SRタイムズ ショップアイテム紹介

SR400 軽量 斧型クランク【井上ボーリング】

約7.6㎏のSR400クランクを2㎏軽量することにより5.6㎏まで軽量。クランクの軽量によりスムーズな吹け上がりを実現!

SRタイムズ ショップアイテム紹介

ICBM(R)シリンダー SR400/500 φ87純正400ピストン【井上ボーリング】

井上ボーリング自社でアルミスリーブを製作して、これにメッキ加工を施したスペシャルなシリンダーと、ヤマハ純正400㏄用φ87ピストンのセット。

関連記事