ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン

2016年06月16日

Special Issue 『SRのある休日 〜ダートランを楽しむ〜』


s160616a-01
取材協力:井上ボーリング
写真:井上 演

 

ツーリングやカスタムだけではない……
SRのある生活は、毎日を本当に豊かにしてくれる。

 SRの楽しみ方といえば、多くの人はツーリングやカスタムを挙げるだろう。なかにはサーキット走行やピカピカに磨き上げる“洗車”などを挙げる人もいるかもしれない。たしかにロードスポーツモデルであり、秀逸なカスタムベースでもあるSRは、そういった楽しみ方が一般的。しかし井上壯太郎社長率いる「井上ボーリング」の面々はちょっと違う……。

 井上社長に「SRを走らせるから、編集部の方々も一緒にどうぞ!」と誘われたのが、今回の企画の発端。撮影場所として指定されたのは、埼玉県川越市にある「モトクロスヴィレッジ」。そう、ここはモトクロスコース。M&M’sモーターサイクルとのダブルネームで制作したSR-ICBM for VMXを、実際にコースで走らせるというのだ。
 もともとロードレースにモトクロス、トライアルなど、あらゆるモータースポーツに自身で参加し、楽しむことが大好きな井上社長。シンプルなフレームとエンジンを持つSRの高い汎用性に目をつけて、今回の“イベント”を思いついたのは想像に難くない。

 モトクロスヴィレッジに到着すると、すでに数台のトランスポーターとテーブルが用意され、その周りには新旧モトクロッサー、そしてSR-ICBM for VMXが鎮座する。井上ボーリングの皆さんは、すでにくつろぎモードだ。テーブルで談笑し、バイクを囲んでまた談笑する。そして、おもむろにヘルメットを被って、コースを1周、2周と軽く流す。
 仲間とコースに集まって、わいわいおしゃべりしながら、気が向けばフリーライドを楽しむ。SRの楽しみ方は、まさに人それぞれ。井上ボーリングが提唱するこんな休日の過ごし方も、いいものだ。

 
Shop SR Times
 

s160616a-02
M&M’sモーターサイクルとのダブルネームで制作したデモマシン「SR-ICBM for VMX」を前に、モトクロスコースでの可能性について話す井上ボーリングの3人。じつに楽しそう。

 

s160616a-03
s160616a-04
s160616a-05
車体や前後足周りは基本的にノーマルを踏襲。それでも土の上ではカウンターを切ることもできるし、ジャンプだってこなす! もちろんライダーである河野さんの腕もあるが、SRの適応力の高さにも驚きだ。

 

s160616a-06
撮影日は初夏の日差しを感じさせる気持ちの良い日。まさにバイク日和、である。

 

s160616a-07
目を三角にしてガンガン走るわけではなく、あくまでも気楽なフリーライド。
テーブルを囲んで、仲間と話す時間が何よりも楽しい。

 

s160616a-08
井上ボーリングを率いる井上壯太郎社長。
自身もモトクロスにロードレース、トライアルと、あらゆるモータースポーツに積極的に参加するフリークだ。

 

s160616a-09
s160616a-10
s160616a-11
s160616a-12
s160616a-13
ロードモデルのSRだが、カスタムの方向を定めれば、意外なほど土が似合うマシンになる。
そして、ガンガン走れてしまうから面白い。

 

 iB Front LadyのKKURUMIさんも参加! せっかくなので、カメラマン井上演さんに撮り下ろしてもらいましたよ〜♪

s160616a-14
s160616a-15
s160616a-16
MODEL by KKURUMI(iB Front Lady)
PHOTO by INOUE HIROMU

 

s160616a-17
最後は記念撮影。いつもとは違うSRとの時間に、みんな楽しそう。

 
 公道モデルだけれど、オンロードモデルだけれど、SRにはこんな楽しみ方もある! SR乗りの皆さんも、ありとあらゆる方法で、トコトンSRを楽しみ尽くしてくださいね!

 
スポンサードリンク

 

関連記事