ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン

2014年08月14日

スラクストン・オリジナルコンプリート「ヌーヴェルSR」で奥多摩を満喫!


run03a
取材協力:バイクガレーヂ スラクストン

 

 昨年よりは幾分涼しいとはいいつつも、やっぱり今年の夏も暑い! バイクに乗らない人は「夏はバイクの季節だねぇ」なんて呑気に言ってくれるもんだが、実際は夏ほどバイクがツライ季節はない! だけどだけど、やっぱり暑かろうと寒かろうと、バイクに乗りたくなるのがSR乗りというもの! そんなわけで今回、真夏の奥多摩を満喫してきましたよ。
 しかも、今回の相棒はバイクガレーヂ スラクストンさんのオリジナルコンプリートマシン「ヌーヴェルSR」。

 一見すると純正の2014年式SRなのだが、じつはこのマシン、前後サスペンションとフロントブレーキを換装、さらにこのマシンだけのオリジナル装備としてワイズギア「パワービーム」を装着したスペシャルな1台なのだ。
 その詳細は下に紹介しているので、ここでは割愛するとして、とりあえず奥多摩地方へスタート!!

 奥多摩というのは東京都西部と山梨県、埼玉県などの検鏡付近の山間部で、都心からほど近いこともあって、絶好のツーリングスポットとなっている。東京都心に変えるのであれば、往路は下道でワインディングを楽しみ、復路は上野原ICや大月ICから中央道に乗り、高速道路も楽しめる。
 実際、今回ボクは東京都小平市にあるスラクストンさんを出発後、新青梅街道をひたすら西へ進み、東京都青梅市で国道411号線へ入る。ひたすら西へ進み、奥多摩ツーリングライダー憩いのスポット「小河内ダム」で小休止。
 そのあとは国道139号線のワインディングと自然を楽しみながら山梨県内へ。日帰り温泉「小菅の湯」でしばしの休憩&遅めの昼食。さらに県道18号線へ入り、上野原ICから中央道へ入り、スラクストンへ帰る……というルートを楽しんだ。
 総走行距離はメーター読みで145km。撮影したり、ヌーヴェルSRの足周りを楽しみながらなので、非常にゆっくりしたペースだった。AM10時に出発して戻ってきたのが16時半、半日たっぷり、SRと過ごすことができた。

 最近は“純正ルック”のSRが人気だが、やっぱりバイクは走ってナンボ。もちろん純正ルックはCOLLだが、サラリと足周りのレベルをアップさせたヌーヴェルSRでヒラリヒラリとワインディングを流せばもっとカッコイイし、楽しい!!
 真夏の暑さも忘れさせてくれるSRの楽しさ。それを再発見することができた1日だった。

 

 

run03b
run03c
SRで流すには最適なワインディングが続く奥多摩地方。小河内ダムを中心に東に西に南へと、さまざまなルートを走ることができるのも、ツーリングライダーに人気の理由だ。

 

run03d
run03e
目的地は山梨県小菅村にある「小菅の湯」。天然温泉の露天風呂やサウナなど、ゆっくりくつろぐことができる奥多摩の人気スポット。当日は平日にも関わらず、駐車場にバイクも多かった!

 

run03f
そのまま小菅の湯で遅めの昼食。注文したのは「いわなフライ定食」1,100円(税別)。味はまぁ……普通のフライ定食って感じ(笑)。

 
 

run03g

ハイパープロ製オリジナルスプリングとブレンボ製キャリパーを組み合わせた
スラクストンが提唱する「大人のSRカスタム」

 今回のツーリングの相棒はバイクガレーヂ・スラクストンによるオリジナルコンプリートマシン「ヌーヴェルSR」。フロントはハイパープロ製フォークスプリングと専用オイル、リアサスペンションは純正スプリングをハイパープロ製スプリングに変更、さらにフロントブレーキをブレンボキャリパーやφ320mmディスクローターを使ったオリジナルキットに換装。純正SRの痛いトコロをイイ感じに変更。まさにSRを知り尽くしたスラクストンだからこそ提案できる1台となっているのだ。驚くべきは車体価格で、なんと純正SRと同じ51万円(税抜)。
 純正ルックのSRが流行の兆しを見せているが、せっかく乗るならしっかり走るものを選びたい。そんな大人のライダーに選択して欲しいマシンである。

 

run03irun03j
ぽわんぽわんした動きが評判(?)のリアサスペンションはしっかりしっとりとストロークしてくれて、街中からワインディングまで不満なく走ることができた。とくにワインディングでの路面追従性はフロントスプリングと相まって、とても良い。なによりも、純正と変わらないルックス(純正をベースにしているから当り前だが……)なのが、嬉しいポイント。SRらしさを崩したくない人にはベストチョイスだといえよう。

 

run03k
ドラムよりはよっぽど効くけど、やっぱりスポーツ走行には物足りない制動力の純正ディスク。大人のSRならば、やっぱり制動力はしっかりしたい。というわけでヌーヴェルSRではスラクストンオリジナルブレーキキットを採用している。ブレンボキャリパーは効きの良さはもちろんのこと、コントロール性もGOOD!! レベルアップした前後サスと相まって、キビキビした走りが可能となっている。

 

run03l
このマシンでは特別にワイズギア製パワービームを装着。こちらはSR特有の振動とフレームの捩れを吸収してくれるアイテムで、現在大人気の逸品! ツーリングでの疲れを大きく軽減してくれる。実際、今回のツーリングでもSRに1日乗ったとは思えないほど疲れは少なかった。さらにコーナリングでの安定感も増したので、スポーツ走行も楽しい! いま、一番オススメしたいアイテムだ!

run03h
Custom Spec
スラクストンオリジナルブレーキキット/ハイパープロ製フロントスプリング/専用フォークオイル/ハイパープロ製リアショックスプリング
コンプリートマシン価格:51万円(税抜・パワービームは除く)

 
 

run03m

 

関連記事