ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン

2017年05月20日

今月のツーリング…「Cafe Racer HUMMER」に乗って茅ヶ崎・江ノ島へ!


 

「編集部・浜瀬の独り言」で予告していた通り、ソロツーリングに行ってきました。Cafe Racer HUMMERに乗って、茅ヶ崎・江ノ島へGO。出発前に順路は決めましたが、なにぶん初めての1人ツーリングですので不安もあるわけです。一体どうなることやら……。/浜瀬

 


愛車に乗って素敵な街へ日帰り旅

初めてのソロツーリングということもあり、道が分かりやすい茅ヶ崎・江ノ島を選んだのですが、調べれば調べるほど魅力のある街。景色が良いところも多く、海も近いので、暑くなる前に行くのには絶好のタイミングじゃないか……とワクワクで向かうことになりました。出発時点では曇りだったため、走っていても涼しい!

順路は、サザンビーチ→昼食に生しらす丼→江ノ島1周→七里ガ浜→鎌倉高校前の交差点。完璧なコースと自負しているのですが、やはりマシントラブルが怖い(笑)。前回の例もありますしね……。結論から言うと今回のツーリングはノントラブル! 本当に楽しい1日を過ごせました。ではでは、写真と共に振り返っていきましょう! 今回の旅をまとめた動画を製作したのでそちらもご覧くださいね! 一番下で公開していますよ!

 


東京小平市にある会社から出発して約1時間半。まずはサザンビーチに到着。サザンオールスターズの名前にあやかって名付けられており、夏には大にぎわいになるそうです。しかし、シーズン前ということで人はまばら。穏やかな時間が流れています。

 


海をバックにCafe Racer HUMMERをパシャり。なんかイイ感じじゃないですか!?

 


ビーチにあるモニュメント「茅ヶ崎サザンC」。カップルで円のそばに立つと結ばれる……という縁結びの輪とも言われています。1人ではご利益はないかもしれませんが、なんとなく触っておきました(笑)。

 


茅ヶ崎で動画や写真の撮影をしていたら、もうお昼! 今日のメインイベントでもあります(早い!)昼食へ! 平日にも関わらず行列ができる「江ノ島小屋」さんにお邪魔しました。早速、生しらす丼を注文しましたが「今日は不漁のためお休み」とのこと……残念!

 


しかし、釜揚げしらす丼(1,100円)があったので注文。とにかく美味しい! ふわっふわで噛むとしらすの味が広がる最高の丼でした。

 


そしてバイクで江ノ島へ。江ノ島へは大橋を渡っていくのですが、その模様は動画に納めていますのでそちらでお楽しみください(一番下にあります)!

 


江ノ島名物「たこせん」を食します。大きいし美味い! 僕が買った「朝日屋」さんは外国人も多く大行列でした!

 


「江ノ島神社」へ。階段が多いですね……。途中エスカレーターもありましたが、まだまだ元気ですので僕は階段で行きます!!

 


すぐに限界を迎えました。ちなみに、江ノ島は徒歩で1周できるわけではありません。先端まで行ったら戻ってくる必要があります。しかし、帰りは船で帰ることができるので、どれだけ体力を使っても安心なのです。

 


境内に到着すると、芽の輪がありました。輪をくぐって家内安全や交通安全をお祈りするしきたりがあるそうです。この旅の安全を祈りました。

 


神社を後にし、奥へ進んでいくと、江ノ島を一望できる江ノ島シーキャンドルが。素敵な風景を楽しみました。

 


さてさてどんどん先へ進みます。こちらは江ノ島を二分する境となっている「山二つ」。

 


アイスの誘惑に負けてしまいました……。さっきから食べてばっかだな。。

 


江の島は「天女と五頭龍伝説」があるそうで、龍はありがたい神様として祀られています。

 


江ノ島の先端部分「稚児ケ淵」。火曜サスペンス劇場に出てきそうなロケーションです。さてここまで約2時間。たっぷり満喫したので、船に乗って帰りますか!

 


え? は? えーーーー! け、け、欠航!? いや結構歩きましたよ! なんかヒーヒー言いながら戻る人が多いなぁって思っていましたが、このことだったのね!

 


行きは下りが多かったので快適でしたが、帰りは登りが基本。よーし、最近鍛え始めている私の力を見せつけるチャンスですよ! やってやろうじゃねーの!

 


すぐに限界を迎えました。30分かけてようやく到着……。でも良い運動になったのでよしとしましょう(笑)。

 


江ノ島をあとにして七里ヶ浜に到着。まだまだ寒い時間帯もあるのにサーフィンをしている人がおり、さすが海の街だなぁと思いました。

 


どうしても行きたかった「鎌倉高校前」の交差点。じつはここ、アニメ「スラムダンク」のオープニングで使われている場所なのです。30〜40代の人は覚えている人も多いはず!

 

最後に……今回アクションカメラを持って行ったので、そちらで撮影した動画をご覧ください! では、次回もツーリング記事をお楽しみに!

関連記事