ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン

2017年05月22日

イベントリポート……SRミーティング2017 in DAYTONA



取材協力:SR meeting 2017実行委員会

年に一度のSR最大のお祭り「SRミーティング」が今年も、静岡県森町にあるデイトナのテストコースで開催された。真夏を思わせる晴天もあって、当日は大盛況!! 昨年を上回る約820台のバイク(もちろんほとんどがSR400/500)、約1,400人の来場者によっておおいに賑わった。その模様を早速リポートしていきたい。/SAGAYAN

 


バイク約820台、来場者約1,400人!
やっぱりSRミーティングは熱かった!!

SR乗りの間でもうすっかりおなじみとなったSRミーティング。昨年より場所を山梨県山中湖畔から静岡県のデイトナ・テストコースに移し、さらに今年から事務局はカスタムバーニングやSRオンリーを発行する出版社・造形社内に設置。これはもう、新生SRミーティングと言ってもいいんじゃないかと思える“フルリニューアル”で開催された。

とはいいつつも、全国からSR乗りとショップブースが出展されるお祭りであることは間違いなし! 年に一度、ここでしか会わないというSR仲間との再会に喜ぶ人や、とにかく掘り出し物を探そうと各ブースを回る人、SRオンリーの撮影会に参加する人などなど、楽しみ方はそれぞれ。各人がそれぞれのSRライフを充実させている様子を見ることができた。

一時期は開催が危ぶまれた同イベントであるが、終わってみればバイク約820台、来場者約1,400人と大盛況。そして来年はいよいよSR誕生40周年である。ぜひともこれからも末長く続くイベントであってほしい!!

 

全国からSRが一同に会するとはいえ、そのスタイリングはさまざま。これぞSR最大の醍醐味、である。

 

純正タンクを使ったライトなカスタムが多かったのが印象的。時代の流行を敏感に感じ取るのも、SRカスタムならでは。

 

綺麗な初期型SRもたくさん見ることができた。こんなにたくさん、今までどこに居たんだろうか?(笑)

 

SRタイムズでは恒例のスナップ取材を敢行! ご協力いただいた皆さん、ありがとうございました! この模様は、近日公開いたします。

 

僕(SAGAYAN)が個人的にツボだったのが、この1台。調べてみると兵庫県のペイントショップ・grant paint worksのオーナーさんの愛車のよう。いやー、絶妙なバランスでカッコイイっす!

 

フレークスのガレージセールで売っていた正体不明の半ヘルを異様に気に入る2%ER・山口さん。結局、このヘルメットは買ったのだろうか?

 

タイのSRショップオーナー・ダムさんが今年も来日。なんかよく分からないけど、「友だちと来たから写真撮って」と言われたような気がしたので、撮影してみた。

 

おなじみモーターガレージグッズのブースではガレージセールを実施。それよりも、この炎天下のなか、なんとテントを忘れたということで、ハイエースのドアを屋根代わりに、なんとか凌いでいました。

 
新作のスプリンガーフォークを装着したダートレーサー風カスタムを展示。オールドスクール好きにはたまらない1台だ。

 

2%ERはチョッパーやオールドトラッカーなど、同店が得意とするマシンを3台展示。ちなみに同店ははじめからテントを持ってこない(持っていない?)という潔さ! 素敵です。

 

2%ERで以前から開発をすすめていたというアルミフルカウルはなんと量産化するとのことで、これは楽しみ!!

 

オリジナルパーツや純正パーツでおなじみのシングルビックケイ。代表の柴沼さんはこの日も元気に営業! ちなみにSRタイムズ・オリジナルキャップの販売も担当してもらいました。お買い上げいただいた皆さま、ありがとうございました!!

 

フレークスは新作カフェレーサーを出展。ホリゾンタルラインと爽やかなアイスブルーが印象的なマシン!

 

おなじみ井上ボーリングは軽量クランクがついに発売開始! KKURUMIさんとともに、おおいに注目を集めていた!

 

高品質なシートといえば、K&H。写真右はF.I.モデルに同社製品を装着したデモマシンで、左は社長の上山さんの愛車・XT500。実際にガンガン乗って走って遊ぶ……それがK&Hが優れた商品開発の秘訣なのだとか!?

 

キャブレターモデル用はもちろん、専用に開発されたF.I.用シートがこれまた快適なのだ!

 

地元・静岡県からはティックルが出展。VMXスタイルのSRは今や注目の的! 美しいカフェレーサーを得意とする同店だが、VMXもまた美しい!

 

デイトナはデモマシンに加え、気になるパーツを多数展示。

 

こちらのミラーはドイツのブランドがリリースしているもので、参考出品として展示されていた。KEDO同様、高品質な逸品だ。

 

東京モーターサイクルショーでも熱い注目を集めていたオーバーレーシング。このデモマシンは近々、取材予定です!

 

F.I.ユーザー大注目のビッグスロットルボディー。400のままでどれだけ変わるのか? 興味津々!!

 

カーボンパーツなどを製作するzeezoonは近未来な香り漂うカフェレーサーを展示。ノンジャンルな雰囲気がかっこいい!

 

SRミーティング初出展となるAAAは、ハイパフォーマンスなSRカスタムを展示。普段、イベントなどでなかなか見る機会が少ないだけに、来場者の注目度はひと際高かった。

 

AAAでは愛車無料点検を実施。たくさんの来場者に喜ばれていた。

 

SR乗りにも気になる人は多いはず! ウイングフットはロイヤルエンフィールドを展示。

 

山城では話題のフルフェイスヘルメット「ニューレトロフルフェイス」を展示。SRにバッチリなアイテムなので、気になる人は多かったよう。ちなみに当サイトでも紹介していますよ!

 

「らいおんまる」でおなじみマックスフリッツ東京ベイのブース。フォルムと機能を両立させたウェアの数々は、SR乗りにもファンが多い。

 

毎回、イベント限定Tシャツで人気のACE CAFE CLOTHING。今回も大人気だった。

 

ロッソスタイルラボやアーバニズムを展開するジェーアンブル。オシャレなライダーに人気のブランドだ。

 

SRミーティングですっかりおなじみの72JAMヘルメットは、もちろん今年も出展。カラフルなジェットヘルメットに目移りするぅ!

 

チェーンやリムのD.I.Dでは「チェーン清掃」をしてもらえる! 簡単そうで、完璧にやるには意外と大変なチェーンメンテの極意が見られるとあって、こちらも人気が高かった。

 

プロの技と知識に興味津々!

 

イベント記念Tシャツ売り場には長蛇の列! やっぱりコレがないと始まらない!?

 

ヤマハブースにはニューモデル・SCR950が登場! SRのセカンドバイク(!?)に如何?

 

さらにXSR900をベースにしたカフェレーサーカスタムも展示。メーカーがこういった発信をどんどんしてくれるのは、嬉しい限り!

 

さらにオーセンティックカラーのSR400も展示! キャストホイールやプラナスマフラーなど、大人の香り漂う上品なカスタムです。


SRに興味のある人や、F.I.のキック始動に興味のある人に向けた「キック始動体験」も好評。これを機に、1人でも多くのSR乗りが増えることを、切に願う。

 
 
なんだかんだいっても、イベントの主役は来場者のみなさん! 最後は来場者の走行シーンで終わります!

では、また来年お会いしましょう!!

関連記事