ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン

2017年04月27日

イベントリポート…JOINTS CUSTOM BIKE SHOW 2017



取材協力:JOINTS

去る4月23日、愛知県名古屋市にある「ポートメッセなごや」(レゴランドの隣!)にて、今年も「JOINTS CUSTOM BIKE SHOW 」が開催された。ここではSRを中心に、珠玉のカスタムマシンを紹介していきたい。/SAGAYAN

 


バイクシーズン到来を告げる
恒例のカスタムバイクショー!

毎年4月に名古屋で開催されるインドアカスタムショーが「JOINTS CUSTOM BIKE SHOW 」。国内最大級のバイクカスタムだけのショーということで、全国から有名ビルダーが出展し、カスタムの「いま」がわかるイベントとして注目されている。今年は晴天だったこともあって、バイクの来場者も非常に多く、とにかく会場内は熱気ムンムン! もちろんSRをはじめとして国産モデルも多数出展されていた。

来月には静岡県のデイトナでSRミーティングも開催することだし、シーズン前に今一度、これから紹介するマシンを見て、カスタムのトレンドを復習してみては?

 

滋賀県の2%ERはロングフォークチョッパーにコンパクトチョッパー、さらにヴィンテージトラッカーなどを展示。オリジナルパーツにも注目が集まっていた。

 

神奈川県のキャンディーモーターサイクルラボラトリー。年末の横浜ホットロッドカスタムショーに展示されたチョッパーに加え、倒立フォークのハイパフォーマンスチョッパーを新たに製作。

 

チョッパースタイルながらも、豪奢な足周りとエンジン周りに注目。カスタムの自由度を感じる1台だ。

 

茨城県のメイドバイスリーティーは合計6台ものSRを展示。凝ったブースも含めて、注目度大!!

 

チョッパーにカフェレーサー、ハイパフォーマンスなど。ジャンルはバラバラだが、どれもが高いバランスとクオリティーを持つ力作揃いだった。

 

愛知県のフレークスは“走り”を予感させるチョッパーを展示。アップスイープマフラーが存在感をアピールしている。

 

フレークスブースの隣には、同じく愛知県のAN-BUが、同店が得意とする不良性をたっぷりと押し出したカフェレーサーを展示。フルカウルの渋すぎるSRだ!

 

ヤマハのお膝元・静岡県磐田市に拠点を置くZEECOONのブースでは同社が製作したパーツを装着したSRを展示。

 

ハーレーを得意とするヨッシーズは、ハーレーチョッパーの他にもグリーンが眩しいSRカスタムが異彩を放っていた。

 

昨年も出展していたGREASEのヴィンテージスタイルSR。細かな作り込みに惚れ惚れします!

 

こういったイベントではお買い物も楽しみのひとつ。モーターガレージグッズではイベント特価でパーツが販売されていた。ちなみに奥にいる笑顔だけどブレているのが、社長の丸本さん(笑)。

 

モーターガレージグッズのハーレーブランド「グリーミンワークス」では、新作のスポーツスター用スプリンガーフォークを発表。

 

イージーライダースはスポーツスターをベースにしたスクランブラーカスタム! なんとコレ、ボルトオンなんです。

 

静岡県の風(FUU)カスタムサイクルズは国産アメリカン3台を発表。独特の存在感を放つ!

 

三重県のグラベルクルーはいかにも同店らしいシルエットのW650!

 

ウェッジはBMW G310にKTM 200DUKE、そしてXS650のスクランブラーカスタム。どれもがハイクオリティーで、G310はベストユーロとカスタムバーニングピックを受賞!

 

東京都の後藤屋モーターワークスは同店が得意とするアイアンエンジンのロイヤルエンフィールドを展示。

 

個人的に大好きなのが、KH(SS?)をベースにしたトラッカーカスタム。一見、250TRかと思わせる違和感の無さが◎!

 

カスタムショーといえばキャンギャルでしょう!

 

こちらは愛知県の老舗カスタムショップ「The Head Company」のブース。挑発的な視線にメロメロです。

 

こちらも「The Head Company」。リジッドフレームにショベルヘッドエンジン、そしてロングスプリンガー! 美しすぎるシルエットです(女の子も!)。

関連記事