ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン

2016年12月06日

イベントリポート…YOKOHAMA HOT ROD Custom Show 2016


01_2868x

 

世界に誇る、年に一度のカスタムの祭典
クルマにハーレーにSRに!! 今年も大盛況!

カスタム好きにはすっかりお馴染み、年末の風物詩ともいえるイベント「YOKOHAMA HOT ROD Custom Show(以下、HRCS)」が、今年もパシフィコ横浜で開催された。その名からも分かる通り、もともとはクルマのカスタムショーとして開催されていた同イベントだが、現在ではクルマとバイクの総合カスタムショーとして確立。1年の締めくくりとして、全国から有力ショップが、その年一番のカスタムを持ち込むイベントとなっているのだ。

HRCSの楽しみは、国内の有力ショップによる作品が見られるだけでなく、海外から豊富なゲストが呼ばれるところにもある。なかでも今回の目玉は、ラットフィンクの生みの親であり、カスタムの神様と呼ばれる“エド・ロス”が1970年代に作ったという「Orbitron」。その前衛的すぎるスタイリングは、いま見ても新鮮!! 「カスタムとは本来自由である」……当サイトでも言い続けてきたことを具現化したマシンは、一見の価値あり、である。

ほかにも物販ブースも充実。かくいう私、サガヤンも取材の合間に買い物三昧。◯万円も散財してしまいました(笑)。

さらに今回は嬉しかったのは、当サイトでお馴染みのショップがアワードを受賞したこと。

まず、トライアンフで出展した平和モーターサイクルはほとんどの出展バイクがハーレーというなか、「ベスト・オブ・ショー・モーターサイクル」を受賞。ウェッジによるBMW・G310Rのトラッカーカスタムは「ベスト・オブ・ヨーロピアン」。そしてキャンディーモーターサイクルラボラトリーは当然SRを出展、みごと「ベスト・オブ・ドメスティック」を受賞したのだ。

そんな嬉しいイベントとなった今回のHRCS! その詳細を写真とともに見ていこう。/SAGAYAN

 

02_3164x
「ベスト・オブ・ドメスティック」を受賞したのは、我らがキャンディーモーターサイクルラボラトリー! もちろんマシンは今後、当サイトで紹介する予定です!!

 

03_2964x
エキセントリックモーターサイクルのソフテイルSRも美しい! こちらも当サイトで詳細を紹介しますね!

 

04_3076x
こちらはソフテイルではなく、リジッドフレーム。しかもトライアンフのフレームということで、その名も「TRIYAMA」。改華堂が最近、力を入れているミティースカスタム(他メーカーのフレームとエンジンを使ったカスタムで、有名どころではトライトンなど)で、「気軽に低価格で乗れるチョッパーを作った」とのこと。

 

05_2876x
鹿児島県の鉄馬輪業が製作したのは、金属の質感が迫力大なカフェレーサー!

 

06_2878x
静岡県でオールドヤマハを中心にカスタムやメンテナンスをおこなっているというAKO MOTORCYCLEのVMXカスタム。起き上がったエンジンに注目です!

 

07_3161x
ウェッジはBMWのニューモデル・G310Rを出展。みごと「ベスト・オブ・ヨーロピアン」を獲得!!

 

08_2962x
モーターガレージグッズはホンダGB250クラブ万を出展。今見ると、新鮮ですね〜!

 
09_2887x
W1ベースのチョッパーなど、SR以外にも多くの国産モデルがラインナップしていた。

 

10_2966x
今回の企画展は「MYSTICAL TRIUMPH CHOPPERS」。SR乗りにもファンが多いオールド・トライアンフをベースにしたチョッパーを数多く見ることができた。こちらはキックバックによる1台。

 

11_2967x
オートバイらしさを残しつつも、各部をパフォーマンスアップ。だけどリジッドフレーム!? 秀逸なバランス感覚がGOODなマシン!

 

12_2969x
今年の「ベスト・オブ・ショー・モーターサイクル」を受賞したのが、平和モーターサイクルによるトライアンフ。ちなみにHRCSでハーレー以外がベスト・オブ・ショーを獲るのはブラットスタイルのXS650以来2回目。トライアンフでは今回が初とのことで、みごとな快挙だ。

 

13_2968x
ボバースタイルとしつつも、太めのホイールにハイグリップタイヤ、前後ディスクブレーキを採用。温故知新という言葉がふさわしい、革新的な1台だ。

 

14_2971x
平和モーターサイクルのお家芸ともいえるシートは、複雑なリンクと加重すると伸びるスプリングが見どころ。

 

15_3139x
「ベスト・オブ・ショー・モーターサイクル」以外にも、海外ゲストによるアワードも受賞。四冠を成し遂げた。

 

16_3005x
46ワークスは得意とするオールドBMWを使ったスクランブラーカスタムを展示。

 

17_3008x
こちらはカフェレーサー。

 

18_3071x
同じBMWカフェレーサーでも、AN−BUが製作したのは水冷縦置き4気筒エンジン「K」シリーズ。美しくまとめあげられている。

 

19_2973x
広島県のA Beardはビラーゴを使った重厚な1台。アールズフォークはワンオフで製作。

 

20_3025x
スーパーカブなど、ミニバイクも多数見ることができた。自由な雰囲気がHRCS最大の魅力だ。

 

21_3068x
ハーレーカスタムでおなじみのジーンチョッパーズはヤマハXS650を展示。

 

22_3046x
広大な会場は1周まわるだけでも大変! すべてのカスタムバイク、カー、そしてショッピングを楽しむには、朝一から会場入りしなければ、とてもじゃないけど追いつかない!!

 

23_2901x
HRCS最大の見どころが、朝9時に行われる海外ゲストとマシンによる「ライド・イン・ショー」。憧れのカスタムマシンが走るのを、実際に見ることができる。

 

24_2902x
「Orbitron」ももちろんライドイン! 観客もおおいに盛り上がった。

25_2906x
バブルトップやテールランプ、コックピットなど、とにかく「夢」にあふれた1台。

 

RIDE IN SHOW
26_2897x

27_2908x

28_2915x

29_2918x

30_2921x

31_2927x

32_2933x

33_2935x

34_2941x

35_2944x

36_2954x

37_2959x

 

38_3034x
39_3035x
ヒデモーターサイクルのショベルヘッド。ツインキャブ仕様のレーシーなボバー!

 

40_3026x
41_3028x
EVOソフテイルのドラッグレーサー風カスタム。斬新な1台だ。

 

42_3024x
玩具屋のトライク。モチーフとなったのは70年代のトライクカスタムだ。

 
CUSTOM MOTORCYCLES
43_3085x

44_3019x

45_3021x

46_3004x

47_3003x

48_2990x

49_2991x

50_2992x

51_2993x

52_2994x

53_2987x

54_2995x

 
CUTOM CARS
56_2998x

57_2999x

58_3013x

59_3014x

60_3015x

61_3016x

62_3078x

63_3082x

64_3083x

65_3092x

66_3093x

67_3096x

68_3098x

69_2984x

70_2980x

71_2985x

 

72_2869x
ムーンアイズが誇る伝説のマシン「MOONLINER」も展示。多くの注目を集めていた。

 

73_2975x
ペイントコンテストなど、恒例の人気企画も健在。

 

74_2977x
国内屈指のアーティストが集結する「PINSTRIPE GATHERING」も人気の企画。

 

75_3048x
広島から参加した新進気鋭のアーティスト「LOU」。

76_3067x
未完成のカスタムカーにピンストライプを施す。こうしたライブ感も楽しい!

 

77_3066x
VANSとのコラボモデルを会場限定で発売。売り切れ続出だった模様。

 

78_3059x
ステージではライブも開催され、おおいに盛り上がった。

 

80_3079x
フリーマガジン「ON THE ROAD」の企画で製作していたトリシティ・カスタムがHRCSで初お目見え。ポップなスタイリングが可愛い!

 

81_3095x
ムーンアイズブースではムーンアイズオリジナルにラットフィンクなど、人気のアイテムが多数販売。イベント限定グッズもあって、売り切れ続出! コレ目当てで会場に来た人も少なくなかったようだ。

 

最後はイベントの華「キャンペーンギャル」を一挙にご紹介しよう!
82_3100x

83_3058x

84_3090x

85_3086x

86_3091x

87_3166x

88_3151x

89_3160x

 

【EVENT DATA】
日時:2016年12月4日(日)
場所:パシフィコ横浜
主催:MOON EYES

 


関連記事