ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン

2016年12月17日

ESSAY…2%ER 山口隆史/「2016年に製作したカスタムバイク」


みなさまこんにちは、2%ERの山口です。
気づけばもう年の瀬ってことで、ほかにもお伝えしたいことはいっぱいあるんですが、今回は2%ERの WEBSHOPリニューアルでのSALEのお知らせと、今年1年に製作させてもらったたカスタムバイクのことです。

 

まずはWEBSHOPのリニューアルSALEです。パソコンでもスマホでも、ずいぶん見やすく使いやすくなったと思います。リニューアルにカードやPAYPALでの決済も可能となりました。会員アカウントに登録いただくと、SALE価格が表示され、さらにポイントも10倍!

 

今後はアカウント登録いただいた会員様限定のSALEやお得な情報をメールマガジンやブログ、SNSにSRタイムズさんなんかで発信していきますね!
WEBSHOPはコチラから

 
ではでは、2016年に製作させてもらったSR400/500たちの紹介です。

ほんとはね、自分の中では整備や修理にもこだわって作業しているつもりなので、外観だけのことじゃなくって、そのあたりも書いていきたいんですが、それはまたの機会に。

またSRタイムズさんや2%ERのホームページのギャラリー、ブログなどで詳しく紹介させていただきますが、今年もカフェレーサー、チョッパー、ボバー、トラッカーなどいろんなスタイルを造らせてもらいました。いろんなこと思いながら、楽しんで見てもらえるとうれしいです!

 

ノーマルフェンダーのB級チョッパーSR400。
フロントタイヤのセレクトでハンドリングが大きく変わります。
乗りやすいですよ。

 

今年のいちばん初めに製作した、STDハードテールコンプリートのSR400。
どんなスタイルにもも振れるボルトオンハードテールのプロトタイプ車として製作しました。

 

2%ERではハンドル、フレーム加工、シート/シートカ ウルなどを担当させてもらったSR500。
低いハンドルですがシートレールドロップで着座位置が下がり乗りやすいです。

 

なぜかインドネシアの若者たちから大人気。
60年代のラフな英車のカスタムをモチーフに製作しました。

 

こちらはSTDストリートコンプリート。飽きがこないようシンプルに。
新作のベイツTTタイプシート2で仕上げました

 

ボルトオンハードテールの60年代後半のチョッパースタイル。
バネつきコブラシートでリジットながら乗り心地よしです!

 

CHUCKBOX勤務時代に造ったSR400。
何年か眠らせてたんですがリアディスクにして復活させました!

 

B級チョッパースタイル。
オーナーさまの希望でタンクやフェンダーは未塗装です。

 

自分用に残業時間や定休日にこつこつ造った前後19インチのボルトオンハードテールのSR500。
もう売れちゃいましたんで、冬休みから新しい自分用を造ります。

 

こちらもボルトオンハードテールのSR525。
こう見えてめっちゃ速いですよ!

 

タンクキャリアとシーソーペダルがご指定だったSR400です。
22歳の若者からのオーダーでした。

 

オーソドックスなボバースタイルとして製作させてもらったSR400。
車検も安心のボルトオンハードテールです。

 

パティーナペインターのBACONとのコラボ。エイジングカフェレーサー。

 

こちらは21歳の若者からのオーダー。60年代後半のチョッパースタイル。

 

このオーナーも若い子です。STDストリートコンプリート

 

このSR500は常連さんからのオーダーでした。
ロイヤルエンフィールドのタンクを流用したビンテージボバー!

 

こちらも若者。23歳の常連さん。
ハーレーアエルマッキタンクを使用した60年代の英車B級チョッパースタイル。

 

ハードテールのビンテージトラッカースタイル。
独立後、初めての自分へのご褒美としてオーダーされたSR400でした。

 

リミテッドベースのB級チョッパースタイル。
あとでノーマルに戻せるように製作しました。

 

遠方からオーダーいただいたSTDハードテールコンプリート。
ごくベーシックですが今後カスタムされていくそうです。

 

メッキタンクがオーダーだったSR500。
ロングツーリング向きのB級チョッパースタイルです。

 

2016年はこんな感じでした。
 
まだまだボクのアタマの中には造りたいスタイルがいっぱい!

また2017年もがんばりますので、2%ERを暖かく見ててくださいね。もちろんオーダーもドシドシ受付けいたしますので遠慮なくご相談ください。

ではでは今年もみなさんありがとうございました! また2017年、SRミーティングやSRパニックなんかでお会いできるのを楽しみにしています!!

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
協力:2%er

 


著者プロフィール
2percenteryamaguchisan
2%er(ツーパーセンター)
山口 隆史
滋賀県大津市にあるカスタムショップ・2%ER(ツーパーセンター)代表。SRカスタムに造詣が深く、また、正確な時代考証に基づいたオールドスクールカスタムにも定評がある。

関連記事