ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン

2016年09月15日

ESSAY/CANDY Motorcycle Laboratory 中村純/「SRでモトクロス」


まだまだ残暑はあるものの、夜なんかは涼しくなり秋に近づきましたね。これから寒くなるまでバイクには快適な季節です。ツーリング行きたいな~。

こんにちは!CANDYの中村です。

さて、今回のエッセイは……先日「SRでモトクロス遊び」をしてきたので、その時のお話をしますね!

昨年末に制作して、今年にかけて色々とカスタムショーなどに出展してきたキャンディーのNEW SR400

s160915-1x

バイクを作る上で「走ること」を常に考えているので……激しくカスタムされてても、派手な外装でピカピカな車輌でも、やはり走ってナンボ。見かけ倒しじゃカッコ悪いですよね?! 今回はまだオーナーさんがいなくて、キャンディーのデモ車のような感じで製作しましたが、やはり最後は走らせないと!

s160915-2x

きっちり車検も取得して、公道走行も可能に!

まずは、一般道を走り色々とチェックしていきます。乗り心地だったり、コーナリングだったり、キャブのセッティングだったり……。試乗で走りだすとついつい足が伸びてロングツーリングになってしまいますね(笑)!

s160915-3x

一通りチェックもして「まずは普通に走れる」ことを確認! そしてお次は本題の「SRでモトクロス」です。

このSRは「モトクロス」、「トライアル」などをコンセプトに製作しているのです! でも、ただのオフ車みたいにならないように一味も二味もカスタムを加えて、なんとも言えないMIXスタイルに仕上がりました。

だけど「モトクロス」をコンセプトにしてるなら、やはり本物のモトクロスコースを走らなきゃ!……ということで、川越のモトクロスヴィレッジまで足を運んできましたよ!

s160915-4x

実際にコースを走ってみて……とりあえずは走れました!本物のモトクロスバイクと比べると、SRはやはり車重があるので軽々ではありませんが、エンジンのトルクがある分、普通に走ることはできました!

それでもやはり課題はありますね……。

スタイルのためにショート気味にしたフロントフォークのストローク。これはコースではダメダメですね。やはり荒れた道にはストローク量がもっと必要ですね。あとは、乗っているときのライダーのシルエットを重視したバック気味のステップ。これもコースではかなり乗り辛かった…。

……と、まぁ他にも課題は山積みですが、カスタムショーに出展したバイクでモトクロスコースを普通に走ることが出来たので良かったです(笑)!
もちろん課題を修正して、またチャレンジしますけどね!

s160915-5x

キャンディーで一貫している「走る」ということ。今回は「SRでモトクロス」という形で実現できました! これからもどんなスタイルであれ、「走る」バイクを作り続けようと思いましたね!

それにしてもモトクロスはやはり楽しい~~!

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
協力:キャンディーモーターサイクルラボラトリー

 


著者プロフィール
essay-nakamura000
キャンディーモーターサイクルラボラトリー
中村 純
スケートボードやスノーボードが趣味ではあるが、1番の趣味はバイクという……バイクのことばかり考えているバイク好き。乗るのはもちろんSR。他にもベスパやミニトレなども所有する一児の父。

関連記事