ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン

2018年04月05日

ESSAY…カメラマン 井上 演/「今シーズンもいよいよ開幕!」


 

 

課題はてんこ盛り!
だけど楽しみたい!

春の陽気を通り越して初夏を感じる暑い日もあったりと、いよいよ本格的にバイクを目一杯楽しむ季節がやってきましたね!

そして、シーズンインと言えば、今年も出ます。筑波ツーリストトロフィー!

年間3戦ですが、フル参戦の予定です。今から楽しみでなりません。

また、今年もAAAさんのご協力で、マシンもブラッシュアップしています。


写真:南孝幸

しかし! クリアしなくてはならない課題は数多くあって、その中で現段階での一番の悩みが、右側のアンダーカウルを擦ってしまうこと。

左コーナーを走っている写真ですが、アンダーカウルからマフラーを出しているあたりが白く削れているのが見えるかと思います。

素早くバンクさせてしまうとマフラーを軸に車体が浮いてしまう(ような気がする)恐怖があるのです。

現在のリヤサスの長さは345㎜。すでにかなり車高は上がっているのですが、これでも擦ってしまう。プリロードで強くテンションをかけるとコーナーの進入でリヤがロックしてしまい、現状ではこれで限界。

現在はWPのリヤサスですが、第2戦からは新たなサスペンションを投入予定なのでそれも楽しみなのであります。

僕的SRのディメンションを崩さない車高の限界を今後探って車高を少しずつあげることも考えています。

ちなみに、フロントフォークはなんと! ノーマルスプリングです。オイルこそ15号が入っていますが、今のタイムでは十分な性能なんです。

新しいサスペンションの導入は第2戦から。初戦は4月下旬に迫っています。

そこで今回実行した作戦は……ズバリ! ダイエット!!!(笑)

きっと、効果的なはず?!

落とした体重は7kg。食べることが大好きな僕はこんなもんです。これでもかなりよく頑張ったと思っています。

色々言いましたが、結局最大の原因は僕のライディングが良くないということ。同じ仕様で擦らずに僕よりずっと速く走っている方がいるという現実……これはよく考えて練習あるのみなのです!

コックピットはシンプルに。必要な情報だけが表示されるようになっています。左から、ラップタイマー、湯温計、タコメーター。いかにもレーサーという雰囲気がカッコいいでしょう!タコメーターは確実、安定の純正を使っています。


写真:南孝幸

【4月21日(土) 筑波ツーリストトロフィー】
僕が参戦するノーマルシングルクラスのNS-1と改造クラスのモディファイドシングルクラスのMS-1。混走レースになるので、多くのSRがレースしているところを観ることができるので、興味ある方は是非来て下さい!

ではまた。

 


著者プロフィール
essay-inoue000
フリーカメラマン
井上 演(いのうえ ひろむ)
以前バイクショップで6年間メカニックとして働き、整備士資格を取得。その後カメラの道へ入り、現在はフリーカメラマンとして、多くのバイク雑誌やカタログの撮影を行う、自称「乗って弄れるカメラマン」。撮影機材を担いで愛車のSRで取材に行くことも多い、根っからのバイク好き。

そんな井上さんのフォトスタジオ「C’est Beau(セ・ボー)」はコチラから!!

関連記事