ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン

2018年04月25日

緩んだボルトは事故のもと! mySR【Rural Racer】を増し締め!!



写真と文:SAGAYAN

 


振動の多いSR400/500……
定期的な点検が必須です!

皆さんは愛車のメンテナンスをやっていますか? オイル交換やチェーンへの注油など、自分でメンテナンスしやすいのもSRの魅力のひとつですよね! ……が、基本的に僕は自分ではやりません(キリッ)。やっぱり餅は餅屋。たとえばオイル交換をお願いしたとき、自分では見つけられないその他の不具合を発見してもらえたり、そろそろ交換しなければいけないパーツを教えてくれたり……ま、僕は基本的に自分のメカニックとしてのセンスをまったく信用していないので、バイク屋さんにお願いすることにしているのです。

そんな僕でも自分で定期的にやっているメンテナンスがあります。それが「増し締め」。

「なんだよー、そんなんメンテのうちに入るかよ~!」なんて鼻で笑ったアナタ! SRの振動をナメてはいけません。SRは現行モデル(今は生産終了だけど)であるにも関わらず、基本的な設計は1978年の空冷シングルモデル……振動は、そりゃあもう70’Sそのままなわけですよ! しかも僕の愛車・Rural Racerはスーパートラップで排気は溜め気味、外装はオールFRPで軽すぎる車体、そして先日のエンジンフルOH&ライトチューニングによって、純正よりも振動が大きいのです。だから、定期的な増し締めは本当に重要! 放っておくと、いろんなネジがなくなっています(笑)。

もちろん、先述のとおり純正SRでも振動はかなりのもの。皆さんも定期的な増し締めをしてくださいね。ちなみに増し締めをすると、車体の細かな部分までを見回すことになるので、ボルトの緩み以外の不具合を発見することにもなりますよ。そうそう、これは洗車にも同じことがいえますね!

というわけで、これから本格的なバイクシーズン! 愛車を絶好調な状態にして、ツーリングなどを楽しんでくださいね~。

関連記事