ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン

2016年08月30日

編集長・SAGAYANの「SRな日々」……ステップ交換! クラシカル感が増しました!!


s160830b-15
協力:ポッシュポッシュフェイス

 

スポーティーなノーマルステップをあえて野暮ったく!
人気のステップにチェンジしましたぁ!

 ノーマルのスタイルを崩さずに、徐々にSRが生まれた70年代の雰囲気を濃くしてきた僕の愛車「SRタイムズ号」。今回はステップ交換に挑戦です!
 僕がチョイスしたのはポッシュ及びポッシュフェイスよりリリースされているクラシカルステップラバークラシカルチェンジラバー。純正ステップやチェンジペダルのラバーと交換するだけで、雰囲気がガラッと変わる人気のアイテム。その名のとおり、スタイリングはクラシカルで、僕がSRタイムズ号で目指しているコンセプトにピッタリだ。
 早速、装着してみました! /SAGAYAN

 
Shop SR Times
 

s160830b-02
ポッシュポッシュフェイスクラシカルステップラバー
1,800円(税抜)
ノーマルステップラバーと交換するだけでOK!
気軽にイメージを一新することができる。

 

s160830b-03
ポッシュポッシュフェイスクラシカルチェンジラバー
600円(税抜)
チェンジペダルの先に被せることで、クラシカルな足元を演出。
クラシカルステップラバーとの同時装着が、断然オススメ!
なぜか2つセットになっていて、1つは予備……もしくは友達とシェアするのもアリかも!?

 
ステップ&チェンジペダルのラバー交換
s160830b-04
ノーマルステップラバーは2つのプラスねじで留まっているので、まずは取り外す。

 

s160830b-05
ステップラバーを取り外すと、スポーティーなステップが登場!

 
s160830b-06
ステップに装着されているバンクセンサーの取り外しには、バイスプライヤーやパイプレンチを使う。

 

s160830b-07
ステップにクラシカルステップラバーを装着。ボルトと専用カラーが付属している。

 

s160830b-08
ノーマルチェンジラバーは取り外しにくい。必要ないなら、切るのも手!
僕はニッパーでチョキチョキ切っちゃいました。

 

s160830b-09
先端の“返し”が取り外しの邪魔になるのだ。

 

s160830b-10
クラシカルチェンジラバーは押し込むだけでOK。
入れづらいなら、パーツクリーナーをチェンジペダルに吹く。

 

s160830b-11
根元までしっかり押し込んだら終了!

 
 
タンデムステップも交換!
s160830b-12
「折りたたみができなくなる」とのことだが、このままだとバランスが悪いし……ということでタンデムステップも交換することに。

 

s160830b-13
作業手順はライダー側ステップとまったく同じ!

 
 
完成でーす!
s160830b-14
s160830b-15
というわけで、作業終了!
どうです? ググッと雰囲気がアップしたでしょ。
作業時間はライダー側、タンデムステップ合わせても30分ほど。
ぜひぜひ、皆さんもチャレンジしてみてください!

 

s160830b-16
分かってはいたけれど、やっぱりタンデムステップが完全に畳めないのは格好悪い。
ここはどうにかしたいところ……。

 
s160830b-17
全体写真で見るとほとんど違いは分からないが(笑)、実際にはマシンの統一感がまた一段とアップした感じ。
じつはカスタムにおいては、こういった小物パーツのチョイスが重要なのだ。

 
 
余ったチェンジラバーはRural Racerに!
s160830b-18
↓↓↓↓↓↓
s160830b-19
もう1台の僕の愛車・Rural Racerには、じつは以前からクラシカルステップラバーとクラシカルチェンジラバーを装着していたのだが、チェンジラバーが経年劣化で割れていた。
そこで2個セットのクラシカルチェンジラバーの1つを装着。
みごとにリフレッシュしました!

 


関連記事