ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン

2016年05月09日

新連載:編集長・SAGAYANの「SRな日々」……僕が“The SR Times”をはじめたワケ。


s160509b-1
僕が編集長および編集統括を担当した2冊のSR専門誌。
 

雑誌でもいい、ウェブでもいい。
自分が本当に納得できるメディアを作りたかった。

 おかげさまで最近では当サイトの知名度も上がり、イベントなどでもたくさんの方に「SRタイムズ見てます!」とか「スナップに出たかった!」なんて言ってもらえるようになりました。そうすると、けっこうな頻度で聞かれるのが「SRタイムズって、いつからやってるんですか?」ということ。
 そこで今回は、僕が「The SR Times(SRタイムズ)」をはじめることになったキッカケと理由、そして自己紹介というか……僕のSR遍歴なんかを、ちょこっと紹介したいと思います。

 SRタイムズがスタートしたのは、2011年8月。サイトの過去記事を遡ると、一番古い記事は2012年11月になっているのですが、じつはその前の1年3ヶ月ほどのあいだ、「http://sr400times.info/」というURLで運営していたのです。その頃のSRタイムズを知っている人は、かなりマニアックなファンだといえるでしょうね。なにしろ、その頃のアクセス数といえば、もう……(苦笑)。
 では、どうして2011年8月にSRタイムズをはじめることになったのか? それを説明するには、さらにその前……編集長である僕の経歴を説明しなければなりません。……といっても、僕個人のことをつらつらと書いても、誰も興味がないだろうから、思いっきり端折りますね!

 僕の本職は、現在は編集プロダクション「一間堂」を運営するフリーエディター。そしてその前は、じつはSRフリークにはおなじみの「カスタムバーニング」編集部に在籍していたのです。ちなみに、カスタムバーニング別冊「SRオンリー」VOL.2は僕が編集長を務めました。
 その後、独立してフリーエディターに。古巣「カスタムバーニング」をはじめ、「チョッパージャーナル」や「グッズプレス」など、バイク誌・一般誌など、さまざまな雑誌の編集・執筆を担当しました。
 そして2010年はじめ、ぶんか社発行のMOOK「SR CUSTOMS」で編集統括を担当。フリーランスとなって久しぶりに雑誌を1冊、しかもSRに特化したものを作ったことで、あらためて「SRの楽しさ」・「媒体を自分で作り上げる充実感」を感じたのです。

 だけど、会社員として編集長を務めたり、出版社からの依頼を受けて作るのは、いろいろと制約があるもの。もちろん仕事なので、それはそれで仕方がないし、いろんな意見があって当然なのですが……やっぱり自分が一番大好きなSRというバイクを題材に媒体を作るなら、「自分が好きなように、納得のいくものを作りたい!!」 ……そう強く思うようになったのです。

 しかし、フリーエディターの僕が自己資金で雑誌を作るなんてとてもできない。しかも当時はすでに、情報メディアの中心は雑誌からウェブへ移りつつあった。そこで考えたのが、「ウェブの勉強をしつつ、SR専門メディアを作れば、まさに一石二鳥!」。そう、将来に備えたスキルアップをしつつ、自分の好きなメディアを作ろうと、2011年8月、「The SR Times(SRタイムズ)」を立ち上げたのです。

 最初はウェブの仕組みがよく分からず、……というか今も分かっていないのですが……SEO対策もほとんどできないまま、いまに至り(苦笑)、なんとかここまでやってきました! 昨年末にはSRパーツ専門のウェブショップ「Shop SR Times(ショップSRタイムズ)」もオープンし、評判は上々。
 これからもSR好きが作るSR専門メディア「The SR Times(SRタイムズ)」は、読者の皆さんとともにSRの発展を応援していくつもりです。なにとぞ、よろしくお願いいたします、ね! /SAGAYAN

 
Shop SR Times
 

ここからは、僕のSR遍歴をちょこっとだけ紹介させていただきます!
X-SR525
s160509b-2
人生ではじめて所有したSR。ベースは500で排気量を525ccにアップしたアメリカンカフェレーサー。ちなみに現オーナーは元カスタムバーニング副編集長で、最近ではSRミーティング・じゃんけん大会の司会でおなじみのワダッチ。ちなみにちなみに、僕の前のオーナーはカスタムバーニング初代編集長・菅原さん。初代オーナーから現在まで、基本的なスタイルは崩さずに、だけど、それぞれがちょっとずつカスタムを加えている1台なのです。
ちなみにこのマシンでSRにハマった僕は、同時期に純正ルックのSR500も所有していました(残念ながら写真はなし)。
※写真はワダッチ運営のウェブサイト「SRまにあっくす」より拝借。

 
Estoy Contento
s160509b-3
人生3台目のSRがコチラ。エンジンと足周りをスラクストン、外装をモトショップ五郎が手がけた贅沢なハイパフォーマンストラッカー。カスタムバーニング2008年2月号くらいから2009年2月号まで連載していたので、知っている人も多いハズ(?)。

 
Rural Racer
s160509b-4
4台目のSRは「SR CUSTOMS」取材中、M&M’s motorcycleで一目惚れして衝動買い。当サイトによく出てくることから分かる通り、現在も所有している1台です。圧倒的な軽さと気軽さがお気に入り。M&M’sが得意とするダートスタイルを基調にしながら、アメリカンカフェにカスタムし直してもらいました。今年から来年に掛けて、足周りとエンジンをリファインする予定。

 
Model SR Times
s160509b-5
5台目のSRは、昨年1月に新車で購入したSRタイムズ号。僕の普段の足として、取材に買い物にと、シーンを選ばず大活躍してくれています。今後も乗りやすさを重視したカスタムを施していく予定で、喫緊の課題はETC!!

 
スポンサードリンク

 

著者プロフィール
s160509b-6
SRタイムズ編集長
佐賀山 敏行(さがやま としゆき)

「意外と若い!」と驚かれる昭和50年生まれ。18歳のとき、漫画「キリン」に感化されて中型限定自動二輪免許を取得。そんなわけで、はじめてのバイクはスズキ・GSX250Sカタナ! 19歳で限定解除したあとは、ホンダ・CB750F(B)、ジレラ・サトゥルーノ500TT-4、ホンダ・CB750FOUR(K2)、カワサキ・GPZ1000RX、ヤマハ・セロー225WE、H-D・FXRなど、20台以上を乗り継いだ。だからこそ、「いろいろ乗ったけど、SRが一番!」と、胸を張って言えるんです(笑)。

関連記事