The SR Times

ヤマハSR400/500のカスタム情報をメインに、国内外の空冷単・二気筒バイクを扱うニュースサイト

019
取材協力:スカルモーターサイクル

ハブステアを採用した
近未来カフェレーサー

 SRはもちろんのこと、これまで国産アメリカンやハーレーなど車種を問わず、数々のカスタムショーで独創的なカスタムマシンを発表してきたスカルモーターサイクル。その高いオリジナリティと技術力によるマシンは、常に話題を振りまいてきた。
 そんな同店の初期作品のなかでも、特に大きな話題となったのがここに紹介する1台だ。

 一見して、その異様ともいえるシルエットに驚く読者も多いだろう。そう、このマシンのフロントには、ビモータなどに採用されたセンターハブステアリングが採用されているのだ。
 トラディショナルなスタイリングを持つSRの車体に、近未来的なシルエットのセンターハブステアリングの組み合わせは、言葉だけを聞けばミスマッチに感じるが、実際スカルモーターサイクルが製作したこのマシンを見れば一目瞭然、非常に高いレベルでまとめられているのである。
 それはドリーム50用を加工流用したフューエルタンクやメガホンタイプのシンプルなエキゾースト、さらに前後ホイールに細めのものを採用するなど、前後足回りこそインパクトあるものなのだが、それ以外の箇所はシンプルなカフェレーサーとして作られているからにほかならない。
 独創性のある仕様だからこそ、外装やシルエットはSRらしく……そうすることで、足回りはよりインパクトのあるものとなり、全体としてはSRらしいまとまりも失わってはいない。

 強いインパクトをSRのコンパクトな車体に見事落とし込み、クールなマシンとして仕上げる。オリジナリティの高さに注目がいきがちではあるが、実はそのセンスにこそ、スカルモーターサイクルの真骨頂が存在するのだ。

019a
ヘッドライトやハンドル、メーターなどはスタンダードなカフェーレーサー。ネック下に何もないというのが斬新かつ新鮮!!

019b
019c
フロント回りはこのマシン最大の見どころ。スポークホイールを履くことで、見事にSRの車体に馴染んでいる。当然、すべてがワンオフで、複雑なリンク機構に注目したい。

019d
シートカウルはワンオフで製作。往年のロードレーサーを思わせるノスタルジックなシルエットが、足回りとの対比を生み出す。

019e
シリンダー横をまっすぐに伸びるエキゾーストパイプはワンオフ。サイレンサーはXS650純正を加工して装着している。

019f
フロントにばかり目がいきがちだが、実はリア回りも大幅に加工が施されている。シート下にサスを2本集約し、さらにリンク式としている。

019x
019y

Custom Spec
Fフォーク:ワンオフフロントセンターハブステアリング機構/フレーム:ワンオフ/シート:ワンオフ/ハンドル:ワンオフセパレート/エキパイ:ワンオフ/Fフェンダー:ワンオフ/リアサスペンション:リンク式、受け位置加工等/フューエルタンク:ドリーム50用純正加工/サイレンサー:XS650純正加工/ステップ:ワンオフバックステップ etc.

Categories: カスタムマシン

スポンサー

movie54

動画紹介/SR400 カフェレーサー YAMAHA【カスタム参考動画Vol.4】デルスラーラ

SR400カスタム動画第4弾 今回もデルスラーラが登場!  ショップが手がけるカスタム車両を動画で公開し好評を博しているオーヴァードライブチャンネル。今回も福岡の『デルスラーラ』がカスタムしたSR400が紹介されています。ハンドルやメーターパネルはデイトナ製、足周りはディスクローターはサンスター製、キャリパーはブレンボ製をチョイス。シートやマフラーは同社製でオリジナリティーのエ...

movie53

動画紹介/Battle of the Bikes! Motorbike Grand Prix - Top Gear Festival Sydney

ハンターカブが激しくバトル! なんでもありのレース!?  イギリスのTV番組「トップギア」で面白い企画が放送されています。CT110、いわゆるハンターカブでレースを行っているのです。走行する選手が相手のバイクを妨害したり、運転しながらシートの上でふざけてみたりとなんでもありのレース内容。つめかけた沢山の観客はかなり盛り上がりっています。  こういう楽しい企画を大きな会場でみん...

foreign013

Deus EX Machinaが製作するSR400

MOTOGRAPHITE公式サイトより     その名も"Grievous Angel"  黒で統一されたカウル付きカフェレーサー。こちらを製作したのは当サイトで度々登場する「Deus EX Machina」。サイドカバーを取り外した分エンジン部分がさらに露出されよりスタイリッシュで剛健な印象です。  海外サイトではSR400、SR500のカス...

foreign012

2015年型SR400をインプレッション!

CYCLE WORLD公式サイトより     アメリカのSR400を海外ライターがインプレッション!  アメリカ仕様の2015年型SR400のインプレッションの様子が「サイクルワールド」に掲載されています。2015年型といっても、アメリカと日本では年度の開始月が異なるので、車両自体は日本の2014年モデルとほぼ同じと思って間違いないかと。個人的に...

foreign011

レーサー系SR500が登場

RETURN of the CAFE RACERS公式サイトより     雪山にどっしりと構えるSR500 カフェレーサーにレーサー魂を注入  ドイツにあるレーサーやスーパーバイクなどを得意とするショップ「 Motorradtke GbR」。お客さんが持ち込んだSR500に出会ってからというものSRにハマり、自ら購入してカスタムを開始したとのこ...