The SR Times

ヤマハSR400/500のカスタム情報をメインに、国内外の空冷単・二気筒バイクを扱うニュースサイト

019
取材協力:スカルモーターサイクル

ハブステアを採用した
近未来カフェレーサー

 SRはもちろんのこと、これまで国産アメリカンやハーレーなど車種を問わず、数々のカスタムショーで独創的なカスタムマシンを発表してきたスカルモーターサイクル。その高いオリジナリティと技術力によるマシンは、常に話題を振りまいてきた。
 そんな同店の初期作品のなかでも、特に大きな話題となったのがここに紹介する1台だ。

 一見して、その異様ともいえるシルエットに驚く読者も多いだろう。そう、このマシンのフロントには、ビモータなどに採用されたセンターハブステアリングが採用されているのだ。
 トラディショナルなスタイリングを持つSRの車体に、近未来的なシルエットのセンターハブステアリングの組み合わせは、言葉だけを聞けばミスマッチに感じるが、実際スカルモーターサイクルが製作したこのマシンを見れば一目瞭然、非常に高いレベルでまとめられているのである。
 それはドリーム50用を加工流用したフューエルタンクやメガホンタイプのシンプルなエキゾースト、さらに前後ホイールに細めのものを採用するなど、前後足回りこそインパクトあるものなのだが、それ以外の箇所はシンプルなカフェレーサーとして作られているからにほかならない。
 独創性のある仕様だからこそ、外装やシルエットはSRらしく……そうすることで、足回りはよりインパクトのあるものとなり、全体としてはSRらしいまとまりも失わってはいない。

 強いインパクトをSRのコンパクトな車体に見事落とし込み、クールなマシンとして仕上げる。オリジナリティの高さに注目がいきがちではあるが、実はそのセンスにこそ、スカルモーターサイクルの真骨頂が存在するのだ。

019a
ヘッドライトやハンドル、メーターなどはスタンダードなカフェーレーサー。ネック下に何もないというのが斬新かつ新鮮!!

019b
019c
フロント回りはこのマシン最大の見どころ。スポークホイールを履くことで、見事にSRの車体に馴染んでいる。当然、すべてがワンオフで、複雑なリンク機構に注目したい。

019d
シートカウルはワンオフで製作。往年のロードレーサーを思わせるノスタルジックなシルエットが、足回りとの対比を生み出す。

019e
シリンダー横をまっすぐに伸びるエキゾーストパイプはワンオフ。サイレンサーはXS650純正を加工して装着している。

019f
フロントにばかり目がいきがちだが、実はリア回りも大幅に加工が施されている。シート下にサスを2本集約し、さらにリンク式としている。

019x
019y

Custom Spec
Fフォーク:ワンオフフロントセンターハブステアリング機構/フレーム:ワンオフ/シート:ワンオフ/ハンドル:ワンオフセパレート/エキパイ:ワンオフ/Fフェンダー:ワンオフ/リアサスペンション:リンク式、受け位置加工等/フューエルタンク:ドリーム50用純正加工/サイレンサー:XS650純正加工/ステップ:ワンオフバックステップ etc.

Categories: カスタムマシン

スポンサー

070

Bike Garage THRUXTON/YAMAHA SR400/No.070

取材協力:バイクガレーヂ スラクストン   名車“ロードボンバー”をテーマに スラクストン流に昇華させたロードゴーイングレーサー!  SRのルーツともいえるXT500をベースに鈴鹿8耐を戦った幻のレーサー“ロードボンバー”がバイクガレーヂスラクストンによってフルレストアされたことは、コアなSRファンであれば知っているはず。ここに紹介するモデルは、そんなロードボンバ...

movie41

動画紹介/TOKYO DIRT

アニマルボート・武笠さんが出演 ダートコースでバイクが走る飛ぶ!  スピードトラクターが製作した動画『TOKYODIRT』が公開中です。東京にあるカスタムショップ・アニマルボート代表の武笠さんの語りから始まり、東京の街からダートコースへバイクで繰り出します。武笠さんとアニマルボートのお客さんたちの走行シーンをみていると本当に趣味を謳歌しておりバイクの楽しさを再確認できます。 ...

info87b

【再UP】福岡でモータサイクルフェスティバル開催【開催間近】

フクオカ・モーターサイクル・フェスティバルの様子 オートバイ好きが一堂に会する! 自動車学校がバイクイベント会場に!  7月21日南福岡自動車学校で「第4回フクオカ・モーターサイクル・フェスティバル」が開催されます。当日は、バイクの一気乗りができたり、新車・中古車のカスタムバイクの展示やウェア・グッズの販売などが行われる予定です。たとえ、免許がなくてもバイクに触れ合えたり、バ...

069

FACTORY R54/1995 SR400/No.069

取材協力:ファクトリー R54   スリムさが際立つ コンパクトチョッパー  つい10年ほど前、ほとんど見ることがなかったSRベースのチョッパー。今やSRカスタムのなかでも外すことのできないメインジャンルとなっているのだが、その王道的スタイルを追求したのが、広島県に拠点を置くファクトリーR54だ。  シートレールをドロップ加工し、フューエルタンクはスポースス...

movie40

動画紹介/ひろがるモビリティ、はじまる。

ヤマハ発動機の企業CM モビリティの世界  現在ヤマハグループ全体で取り組んでいる新しいコンセプトの「モビリティ」ですが、その企業CMがYouTubeで公開されています。先日紹介したトリシティなどのバイクやジェットスキー、電動アシスト自転車なども登場し、安全性や経済性、エコロジーの技術はもちろん、乗る楽しさを広げたいというもの。  SRファンとしては、今後もヤマハの動きが楽し...