The SR Times

ヤマハSR400/500のカスタム情報をメインに、国内外の空冷単・二気筒バイクを扱うニュースサイト

019
取材協力:スカルモーターサイクル

ハブステアを採用した
近未来カフェレーサー

 SRはもちろんのこと、これまで国産アメリカンやハーレーなど車種を問わず、数々のカスタムショーで独創的なカスタムマシンを発表してきたスカルモーターサイクル。その高いオリジナリティと技術力によるマシンは、常に話題を振りまいてきた。
 そんな同店の初期作品のなかでも、特に大きな話題となったのがここに紹介する1台だ。

 一見して、その異様ともいえるシルエットに驚く読者も多いだろう。そう、このマシンのフロントには、ビモータなどに採用されたセンターハブステアリングが採用されているのだ。
 トラディショナルなスタイリングを持つSRの車体に、近未来的なシルエットのセンターハブステアリングの組み合わせは、言葉だけを聞けばミスマッチに感じるが、実際スカルモーターサイクルが製作したこのマシンを見れば一目瞭然、非常に高いレベルでまとめられているのである。
 それはドリーム50用を加工流用したフューエルタンクやメガホンタイプのシンプルなエキゾースト、さらに前後ホイールに細めのものを採用するなど、前後足回りこそインパクトあるものなのだが、それ以外の箇所はシンプルなカフェレーサーとして作られているからにほかならない。
 独創性のある仕様だからこそ、外装やシルエットはSRらしく……そうすることで、足回りはよりインパクトのあるものとなり、全体としてはSRらしいまとまりも失わってはいない。

 強いインパクトをSRのコンパクトな車体に見事落とし込み、クールなマシンとして仕上げる。オリジナリティの高さに注目がいきがちではあるが、実はそのセンスにこそ、スカルモーターサイクルの真骨頂が存在するのだ。

019a
ヘッドライトやハンドル、メーターなどはスタンダードなカフェーレーサー。ネック下に何もないというのが斬新かつ新鮮!!

019b
019c
フロント回りはこのマシン最大の見どころ。スポークホイールを履くことで、見事にSRの車体に馴染んでいる。当然、すべてがワンオフで、複雑なリンク機構に注目したい。

019d
シートカウルはワンオフで製作。往年のロードレーサーを思わせるノスタルジックなシルエットが、足回りとの対比を生み出す。

019e
シリンダー横をまっすぐに伸びるエキゾーストパイプはワンオフ。サイレンサーはXS650純正を加工して装着している。

019f
フロントにばかり目がいきがちだが、実はリア回りも大幅に加工が施されている。シート下にサスを2本集約し、さらにリンク式としている。

019x
019y

Custom Spec
Fフォーク:ワンオフフロントセンターハブステアリング機構/フレーム:ワンオフ/シート:ワンオフ/ハンドル:ワンオフセパレート/エキパイ:ワンオフ/Fフェンダー:ワンオフ/リアサスペンション:リンク式、受け位置加工等/フューエルタンク:ドリーム50用純正加工/サイレンサー:XS650純正加工/ステップ:ワンオフバックステップ etc.

Categories: カスタムマシン

スポンサー

info136b

11月9日(日)は中古パーツを買いに行こう!

バイクガレーヂスラクストン公式ブログより   2014年も最後まで盛り上がろう! SRパーツカフェミーティング開催!!  来年には2回のSRミーティングを開催するスラクストンさんが、今年も最後まで盛り上げるべく楽しいイベントを企画してくれました!  それが11月9日に開催される「SRパーツカフェミーティング」。スラクストンはもちろんのこと、サムソンブルーやオレンジブルバ...

info135

「ライトニング12月号」(エイ出版 発行)

エイ出版公式ウェブサイトより     オシャレは足元から! これを見れば最高級のブーツに出会える     ライダーにとって天敵といえる寒さ震える冬が到来!しかしポジティブにとらえれば、オシャレができる季節とも言えますよね。今月の同誌の特集は、冬の必須アイテム「ブーツ」。頻繁に買い替えるものではないし、バイクに乗る時の一生の相棒を見つ...

movie63

動画紹介/SR400 カフェレーサー YAMAHAデルスラーラ【公式】

YouTube オーヴァードライヴチャンネルより   動画で紹介するカスタムバイク第5弾 ブラックにイエローのアクセントが光る  デルスラーラが製作したハイパパフォーマンススタイルのSR400を紹介した動画が公開されました。動画は当サイトでもお馴染みとなったオーヴァードライブチャンネルによるもので、今回で5回目! 気になるマシンは2009年モデルをベースにZRX1...

084

TIN MACHINE motorcycle/1994 SR400/No.084

取材協力:ティンマシンモーターサイクル   新車購入から20年…… ティンマシン設立10年目を期して完成したフラッグシップ  和歌山県に拠点を置くティンマシンモーターサイクルといえば、カフェレーサーからチョッパー、ハイパフォーマンスにクラシックスタイルまで、ジャンルを問わずにハイセンスなSRカスタムをリリースし続けるショップ。なかでも注目を集めるのが、同店代表であ...

foreign024

ポーランドの青年が仲間たちと力を合わせて作り上げたトラッカー

pipeburn公式ウェブサイトより     ビビットなグリーンが映える! レーシーな雰囲気をDIYで演出  ポーランド・ワルシャワに在住の男性がトラッカー風に製作したSR500。本人はプロの整備士というわけではなく、2年間かけて友人たちと共同で作り上げたとのこと。目を引くカラーリングは70年代のYAMAHAレーシングバイクのデザインをモチーフ...