The SR Times

ヤマハSR400/500のカスタム情報をメインに、国内外の空冷単・二気筒バイクを扱うニュースサイト

081

019
取材協力:スカルモーターサイクル

ハブステアを採用した
近未来カフェレーサー

 SRはもちろんのこと、これまで国産アメリカンやハーレーなど車種を問わず、数々のカスタムショーで独創的なカスタムマシンを発表してきたスカルモーターサイクル。その高いオリジナリティと技術力によるマシンは、常に話題を振りまいてきた。
 そんな同店の初期作品のなかでも、特に大きな話題となったのがここに紹介する1台だ。

 一見して、その異様ともいえるシルエットに驚く読者も多いだろう。そう、このマシンのフロントには、ビモータなどに採用されたセンターハブステアリングが採用されているのだ。
 トラディショナルなスタイリングを持つSRの車体に、近未来的なシルエットのセンターハブステアリングの組み合わせは、言葉だけを聞けばミスマッチに感じるが、実際スカルモーターサイクルが製作したこのマシンを見れば一目瞭然、非常に高いレベルでまとめられているのである。
 それはドリーム50用を加工流用したフューエルタンクやメガホンタイプのシンプルなエキゾースト、さらに前後ホイールに細めのものを採用するなど、前後足回りこそインパクトあるものなのだが、それ以外の箇所はシンプルなカフェレーサーとして作られているからにほかならない。
 独創性のある仕様だからこそ、外装やシルエットはSRらしく……そうすることで、足回りはよりインパクトのあるものとなり、全体としてはSRらしいまとまりも失わってはいない。

 強いインパクトをSRのコンパクトな車体に見事落とし込み、クールなマシンとして仕上げる。オリジナリティの高さに注目がいきがちではあるが、実はそのセンスにこそ、スカルモーターサイクルの真骨頂が存在するのだ。

019a
ヘッドライトやハンドル、メーターなどはスタンダードなカフェーレーサー。ネック下に何もないというのが斬新かつ新鮮!!

019b
019c
フロント回りはこのマシン最大の見どころ。スポークホイールを履くことで、見事にSRの車体に馴染んでいる。当然、すべてがワンオフで、複雑なリンク機構に注目したい。

019d
シートカウルはワンオフで製作。往年のロードレーサーを思わせるノスタルジックなシルエットが、足回りとの対比を生み出す。

019e
シリンダー横をまっすぐに伸びるエキゾーストパイプはワンオフ。サイレンサーはXS650純正を加工して装着している。

019f
フロントにばかり目がいきがちだが、実はリア回りも大幅に加工が施されている。シート下にサスを2本集約し、さらにリンク式としている。

019x
019y

Custom Spec
Fフォーク:ワンオフフロントセンターハブステアリング機構/フレーム:ワンオフ/シート:ワンオフ/ハンドル:ワンオフセパレート/エキパイ:ワンオフ/Fフェンダー:ワンオフ/リアサスペンション:リンク式、受け位置加工等/フューエルタンク:ドリーム50用純正加工/サイレンサー:XS650純正加工/ステップ:ワンオフバックステップ etc.

Categories: カスタムマシン

info162

「二輪生活Vol.4」(バイクブロス 発行)

Amazon公式ウェブサイトより   バイクの『モノ』が詰まった雑誌発売!  現在、バイクブロスからバイク系モノ雑誌の「二輪生活Vol.4」が好評発売中。バイクのカスタムやインプレなどに特化した雑誌は数あれど、ここまでバイクアイテムのみにフューチャーした雑誌はありません。巻頭特集は新作ヘルメット。1つ1つのディティールやストロングポイントが紹介されています。  こ...

foreign053

海外サイト「BIKE EXIF」より……海岸を走るローダウンカフェレーサー

BIKE EXIF公式ウェブサイトより   スポンサードリンク   カスタムされたバイクにオリジナリティを注入  イングランドに住む青年が製作したSR500。元々、カスタムされたバイクを購入したのがキッカケでカスタムに興味を持ち、そこから自分流に愛車をアレンジしたそう。ローダウン化や、320mmのディスクブレーキを装着し9ヶ月で完成させた。  よ...

movie110

動画紹介/SR500 - Grab the Flag 2013 - Pannoniaring - Rennen - Classic 500 - Sonntag - Motorschad

TimeDesolateRacingチャンネルより   レース会場でSR500がバンクする!  2013年に開催された海外でのレース。こちらにSR500が登場しています。数台のバイクがしのぎを削っているのですが、ライダー目線に設置されたカメラで、走行を疑似体験できるので迫力満点。やはり客席から見るのとは臨場感が違います!  普段は、ストリートで走らせるバイクがコー...

103

Bike Garage THRUXTON/YAMAHA SR400/No.103

取材協力:バイクガレーヂ スラクストン   ハイパフォーマンス・トラッカー  バイクガレーヂ スラクストンは不思議なショップだ。セパレートハンドルのハイパフォーマンスカスタムを作ったかと思えば、トラディショナルなカフェレーサーも製作する。かつてはSRでいち早くストリートトラッカーを作ったし、時にはシートレールをドロップしたチョッパーだって完成させる。流行に乗るか...

102x

TIN MACHINE motorcycle/1994 SR400/No.102

取材協力:ティンマシンモーターサイクル   細かなこだわりによる車体の美しさは必見!  ティンマシン代表の高橋さんは自身も生粋のSRカフェレーサー乗り。その愛車は以前、当サイトでも2度に渡って紹介した。そんなこともあって、同店を訪れるお客さんはカフェレーサーをオーダーすることが多い。ここに紹介するのもそんな1台。シルエットこそ定番だが、その詳細を見ていくとやはり、並...

広告