ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン

2015年08月29日

Custom SR PLAY BACK!!/No.036~040


 

神奈川県のショップが製作する
ノンジャンルな2台が目を引く!!

 今回は5台をプレイバック!! 正統派のカフェレーサーやチョッパーも見どころですが、山口輪業とキャンディーの2店が作るマシンに特に注目。ジャンルレスながらも、各店の高いセンスによって秀逸なまとまりを見せています。こうした何にも囚われないカスタムって素敵ですね♬

 
スポンサードリンク

 

036
山口輪業/YAMAHA SR400 “山口輪業六号機”/No.036
 コンパクトなマシンはトラッカーともチョッパーとも異なる独特のスタイル。しかしシングルマシンらしい、美しいまとまりとなっています。最近は当サイトへの登場がめっきり少なくなってしまいましたが、注目度は相変わらず高いショップさんです!
本編を読む

 
037
CANDY Motorcycle Laboratory/YAMAHA SR400/No.037
 ド派手なフレークカラーがアメリカン草レーサーを思わせる1台。製作したのは当サイトですっかりお馴染みキャンディーモーターサイクルラボラトリーで、パフォーマンスとスタイリングをみごとに両立。読者からの評価も高かった1台です!
本編を読む

 
038
TIN MACHINE motorcycle/1994 SR400/No.038
 ティンマシン代表の高橋さんが乗る愛車がコチラ。先日、その完成形を当サイトでも紹介しましたが、この時点でもかなりの完成度を誇っています。今後も良質なカフェレーサーをガンガン作っていってほしいものです!
本編を読む

 
039
G classic custom paint/1996 SR400/No.039
 その名のとおり、ペイントを得意とするGクラシックカスタムペイントですが、SRカスタムでも有名なのはご存知のとおり。そんな同店が製作したのは、スタイリングは定番のチョッパーながら、グラフィックで魅せる1台。もちろん、定番のスタイルといいつつも、高い技術が投入されていて、見どころたっぷりなマシンとなっています!
本編を読む

 
040
Motorcycle’s BARN/2000 SR400/No.040
 モーターサイクルズ・バーンといえばこのスタイル!! ここで紹介するモデルはマットブラックを全身にまとうことで、個性を演出しています。同店の魂ともいえるカスタムマシンはいまなお、街を走り続けています!!
本編を読む

 
スポンサードリンク
広告募集ページへ
 

関連記事