ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン

2015年05月18日

Custom SR PLAY BACK!!/No.018~023


独創的なカスタムに、SRの多様性を見た!!

 今回はN0.18〜23の車両を振り返ります。
 バールカーラのスポーツカスタムやヒップラインのグリーン・チョッパーは王道的な手法で魅力的ですが、やはり気になるのはスカルモーターサイクルと車坂下!! 定番とはひと味もふた味も違うマシンは反響を集めました。とくにスカルモーターサイクルは海外サイトに無断転用されるほど!!(苦笑)。また、ヒップラインのブラック・チョッパーは珍しいタンデム可能モデルで、これまたSR乗りの注目度が高かった1台です。

 
スポンサードリンク

 

018
BAUL-CARA/YAMAHA SR400/No.018
 ワイズギア製キャストホイールやオリジナルシートなどをセンスよく組み合わせた、バールカーラ初期の一台。軽快感が魅力のマシンだ。
本編を読む

 
019
SKULL MOTORCYCLE/YAMAHA SR400/No.019
 おそらく世界で唯一であろう、ハブステアを装着したスカルモーターサイクルの代表作。フロント周りばかりに目が行きがちだが、リアサスペンションも独自の機構となっており、注目度大!! ほかにも、近未来感のある足周りとトラディショナルなイメージの外装とのコントラストなど、見どころたっぷりな1台となっている。
本編を読む

 
021
HIP LINE/1992 SR400/No.021
 前後16インチを履いたコンパクトなチョッパー。全身をブラックアウトし、挿し色としてレッドを採用。締まった車体が魅力的だ。注目したいのが、チョッパースタイルでありながら、タンデムが可能ということ。スタイルだけでなく、実用性も重視した良作だといえよう。
本編を読む

 
022
HIP LINE/YAMAHA SR400/No.022
 ヒップラインの2台目はスタンダードなチョッパー。フロントをアップさせ、スクエアライトを2灯採用することで、70年代の雰囲気を醸し出している。
本編を読む

 
023
車坂下 MOTO CYCLE/1996 SR400/No.023
 フューエルタンクにシートカウル、そしてカウルにホイールカバーなど、すべてをアルミ叩き出しで製作したという渾身の1台。個人的にも、今まで紹介したなかでBEST5に入るほど好きな1台です!!
本編を読む

 
スポンサードリンク
広告募集ページへ
 

関連記事