ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン

2018年04月06日

2%ER/1989 SR400/No.259



取材協力:ツーパーセンター
写真:編集部 文:小川伸晃

 

ボバーからチョッパーへの進化。
黎明期のチョッパースタイルをSRで表現

SRカスタムシーンにおいて根強い人気を誇るチョッパースタイルだが、チョッパーがボバースタイルから生まれたことは当サイトの読者ならもちろんご存知だろう。ではボバーからチョッパーへと移行する時代のカスタムはどんなものだったのか、そんなカスタムの歴史をSRで表現したのが2%ERだ。

「60年代後半のボバーからチョッパーへの過渡期」をイメージして製作されたという今回のマシン。フロントフォークは10cmフォークジョイントによってロング化され、リアのローダウン化と相まってチョッパーらしい三角形のシルエットを獲得。個性的な形状&取り回しのフィッシュテールマフラーやシッシーバーなど、オールドスクールチョッパーの特徴をみごとに押さえている。一方ハンドルはボバーらしいドラッグバーに換装。加えてシートはソロサドルシートと、こちらもボバーらしいパーツチョイスとなっている。

ボバーとチョッパー、両スタイルの特徴を押さえつつ、独自のセンスによってバランスよく仕上げることで、新しいスタイルを生み出した2%ER。60年代後半のカスタムシーンに精通する同店だからこそ出来た、意欲的な1台だ。

 



2%ERではおなじみのディクシー角ライト。オールドスクールらしさを演出してくれる同店の人気アイテムだ。

 


ハンドルはワンオフのドラッグバー。ワンピースタイプのトップクランプがチョッパー感を醸し出している。

 


フューエルタンクはワンオフのナローマスタングタンクをチョイス。コンパクトなフォルムがスタイルにマッチしている。

 


シートはオールドスクールな雰囲気のソロサドルシート。ボバースタイルの定番アイテムだが、もちろんチョッパーにもよく似合う。

 


形状だけでなく、取り回しも個性的なワンオフフィッシュテールマフラーからは、60年代後半のチョパースタイルの影響を色濃く感じさせる。

 

Custom Spec
エキゾーストパイプ:ワンオフ/サイレンサー:ワンオフ フィッシュテール/エアクリーナー:ファンネル/ヘッドライト:デッドストック ディクシー角ライト/ワンオフライトステー/台座つきルーカステールランプ/ダイヤモンドウインカー/フロントダイヤモンドウインカーステー/ハンドルバー:ワンオフドラッグバー/ハンドルポスト:ワンピース ハンドルバー トップクランプ/英車タイプレバー ブレーキ、クラッチ/シート:ソロサドル/ステップ:ミッドハイステップキット/フューエルタンク:ワンオフ ナローマスタング/リアフェンダー:ワンオフ/ワンオフシッシーバー/フロントフォーク:10cmフォークジョイント/リアサスペンション:280mm G-サスペンション/Fタイヤ:SHINKO(サイズ 3.00-18)/Rタイヤ:ピレリレプリカ(サイズ 4.00-18)/シートレールドロップ加工 ……etc.

↓↓このマシンに装着されている下記パーツはShop SR Timesでも購入できます↓↓

SRタイムズ ショップアイテム紹介

ミッドハイステップキット ボルトオン【2%ER(ツーパーセンター)】

定価:66,150円 会員特別価格:62,842円

SR400/500用 ミッドハイコントロール

 

SRタイムズ ショップアイテム紹介

ディクシー 角ライト デッドストック(汎用)【2%ER(ツーパーセンター)】

<販売価格:8,950円

ディクシー社の角ライト(レクタングルライト)

関連記事