ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン

2017年06月02日

2%ER/YAMAHA SR500/No.215



取材協力:ツーパーセンター

 

60年代、ボバーからチョッパーへの過渡期をSRで表現!
当時に作られたかと思わせるエイジングにも要注目!!

ロングフォークやハイテックなど、60年代後半から70年代に生まれたチョッパーは今なお進化を続ける人気のカスタムスタイル。そしてその源流には、レーサーを起源とするボバーがあるのは熱心なカスタムフリークではあればご存知の通り。ここに紹介する2%ERによる1台は、まさにそんなボバーからチョッパーへの過渡期をSRで表した意欲的なマシンである。

その詳細を見ていくと、まずシートレールを大胆に加工し、同店オリジナル・ハードテールを装着。そのシルエットを大きく変えている。ハンドルバーやフューエルタンクには“当時もの”を流用し、雰囲気作りにも抜かりはない。ヘッドライトにも50年代のガイド社製が採用されているが、中身はH4バルブに換装し、実用性を高めている点は素晴らしいのひとこと! また、左出しアップマフラーとシッシーバーが、ボバーとチョッパーの見事な対比を成しているのも見逃せないポイントだ。

このマシンは最近フルカスタムが施されたにも関わらず、まるで半世紀も前からあるかのような存在感も特筆すべき点。ペインターはBACON DECORATIONで、特殊エイジングペイントを施すことで、この風合いを出すことに成功しているのだ。

オールドスクールカスタムは数あるが、このチョッパーはオールドスクールのなかのオールドスクール! ……傑作である。

 



50年代ガイド社製スクエアライトをベースに、バルブをH4仕様に変更。スタイリングと実用性をみごとに両立させている。

 


ハンドルバーは60年代のデッドストックを採用。ハンドルポストは同店オリジナル・フランダースタイプだ。

 


オールドトライアンフ用フューエルタンクを加工して装着。特殊エイジング加工が施されたペイントは必見!

 


絶大な人気を誇るミッドハイステップキット。当然、このマシンにもよく似合う!
 


ベイツタイプのセパレートシートはホワイトの表皮がアクセントとなっている。

 


左出しアップマフラーはワンオフで製作。ボバーらしさを演出するポイントだ。

 

リアホイールは16インチで、チョッパーらしいシルエットを形成。そして、ハードテールがマシンの完成度をさらに高めている。

 


Custom Spec
エキゾーストパイプ:ワンオフドラッグパイプ/ヘッドライト:50’sガイド製(内部をH4に加工)/テールランプ:ビーハイブ/ウインカー:スモールバレット WP、フロントウインカーステー WP/電装ボックス:消火器加工ワンオフ/ハンドルバー:60’sデッドストック/ハンドルポスト:フランダースタイプ/スピードメー ター:ミニミニメーター WP/シート:ベイツタイプソロ・ピリオン/ステップ:ミッドハイステップキット パーカライズ WP/フューエルタンク:オールドトライアンフ用加工流用/リアフェンダー:ワンオフフラットフェンダー/リアサスペンション:”リジットライン” ボルトオンハードテールキット/Fホイール:19インチキット WP(リム幅:2.15/径:19inch)/Rホイール:16インチキット WP(リム幅:2.50/径:16inch)/Fタイヤ:ALLSTATE DIRTMAN(サイズ 3.25-19)/Rタイヤ:SHINKO(サイズ 5.00-16)/ワンオフシッシーバー/ペインター:BACON DECORATION ……etc.

 
↓↓このマシンに装着されている下記パーツはShop SR Timesでも購入できます↓↓

SRタイムズ ショップアイテム紹介

ミッドハイステップキット ボルトオン【2%ER(ツーパーセンター)】

定価:66,150円 会員特別価格:62,842円

SR400/500用 ミッドハイコントロール。ブレーキタッチ、効き、シフトタッチの感触を入念に設計致しました。

 

SRタイムズ ショップアイテム紹介

フランダースレプリカライザー/ショーティー SR400/500【2%ER(ツーパーセンター)】

定価:15,999円 会員特別価格:15,520円

SR400/500にボルトオン装着できるビンテージスタイルライザー(ハンドルポスト)。チョッパーに、ボバーに、レーサースタイルに。

関連記事