ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン

2016年12月19日

Motorcycle’s BARN/YAMAHA SR400/No.202



取材協力:モーターサイクルズ・バーン

 

60年代英国車チョッパーを
彷彿とさせる荒々しい雰囲気

王道的なSRコンパクトチョッパーや独自のセンスによるドラッグスタイルなど、SRを使ったオリジナル・アメリカンスタイルで定評のあるモーターサイクルズ・バーンの新境地ともいえるB級スタイルチョッパーが登場。

鮮やかなアイスブルーに彩られたフューエルタンクはBSAタンクをSR用にモディファイ。エンブレムがなんとも誇らしげで、英国車然とした意匠に対して、鋭く天を突くようなシッシーバーが絶妙なコントラストとなり、マシンシルエットを荒々しくまとめあげている。

それでいていかにもチューニングが施された感のあるエンジンやFCRキャブレター、ウェーブディスクのブレーキ周りなど、ハイパフォーマンスを意識したディテールも見逃せない。決して60年代のレプリカではない、バーンならではのコダワリが見て取れるのだ。

古めかしくも新しい……まさに「新境地」と呼ぶにふさわしい1台だ。

 



ハンドルバーは同店オリジナル・ナロービーナスバー。絶妙なアールとエッジが独創的な1本だ。

 


フロントホイールは19インチ化。
キャリパーはノーマルをベースに、リンクル塗装が施される。

 


フューエルタンクはBSAを流用。アイスブルーにフレークが入り、なんとも華やかだ。

 


ホワイトのシートはラズルダズル製。

 


エンジンのチューニングメニューは非公表ながら、オイルラインやFCRキャブレターから相当なパワーが想像できる。
同店が得意とするビッグフィン加工にも要注目だ!

 


ワンオフエキパイにメガホンタイプのサイレンサーを組み合わせる。シンプルだが、スポーティーなマフラーだ。
ミッドコントロールはワンオフで製作。絶妙なライディングポジションが期待できる。

 


オイルタンク風電装ボックスも、当然ワンオフ。電流計がワンポイントになっている。

 


スーサイドクラッチにジョッキーシフトで、純正にはない「操る楽しさ」を演出。

 


Custom Spec
エキゾーストパイプ:ワンオフエキパイ/サイレンサー:メガフォンサイレンサー/キャブレター:FCR/エアクリーナー:K&Nパワーフィルター/ヘッドライト:5 3/4ベーツライト/テールランプ:ガイド/ウインカー:スモールブレットウインカー/電装ボックス:アルミ製ワンオフ/ハンドルバー:オリジナルナロービーナスバー/ミラー:3インチ丸ミラー/スピードメーター:ミニメーター/Fブレーキキャリパー:ノーマル リンクルペイント/Fディスクローター:ウェーブローター/Fブレーキホース:メッシュホース/Fマスターシリンダー:グリメカ/シート:ラズルダズル/ステップ:ワンオフミッドコン/フューエルタンク:BSAタンク加工/リアフェンダー:リブフェンダー/フロントフォーク:6センチローダウン/リアサスペンション:ショートサス/スイングアーム:ノーマル4センチ延長加工/Fホイール:21inch/Rホイール:16inch/ビックフィン加工/シートレール加工/ワンオフジョッキーシフト/ワンオフ6角シーシーバー ……etc.

関連記事