ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン

2016年06月30日

DELL-SARA ver.HIROSHIMA/YAMAHA SR400/No.183


183
取材協力:デルスラーラ広島

 

SRでも林道ツーリング!
たまにモトクロス! ときには丸太越え……。

 デルスラーラ広島といえば、福岡にあるデルスラーラと同じく、得意とするカスタムスタイルはパフォーマンス系……しかし最近、代表の一平さんがハマっているのが林道ツーリングやビンテージモトクロス。その模様は、当サイトでも同店の動画を紹介させてもらっていることから、知っている読者もいるだろう。
 ここに紹介するのは、まさに一平さんが愛車として林道やモトクロスで使用している1台。見ての通り、走りとスタイリングを極めたVMX(ビンテージモトクロス)カスタムだ。

 まずフレームに目をやると、大幅な加工は施されていないのだが、リアサスペンションの取り付け部をレイダウンし、HAGONオフロードサスを投入することで、車高をアップ。ちなみにスプリングはYSSに換装し、パフォーマンスアップにも抜かりはない。当然、フロント周りは純正のままというわけにはいかず、フロントフォークはKLX250ESから流用。当然ホイールは21インチで、タイヤはミシュランを履いている。車体やエンジンを守るアンダーガードが、このマシンが本気であることを物語る。
 エンジン周りに目を移すと、エンジンこそストックだが、キャブレターはFCRφ39をチョイスし、サイレンサーは同店オリジナル・スレンダーボーイ。複雑な取り回しを見せるエキゾーストパイプと相まって、雰囲気と性能の向上をみごとに両立させている。
 外装はフューエルタンク、シートともにブラットスタイル製で、ヘッドライトはトライアングルを装備。

 ハイパフォーマンスカスタムを得意とするデルスラーラ広島が製作したオフロードスタイル。ジャンルはまったく違うように思えるが、根底に流れる「走りの性能」と「ルックス」を追求する姿勢はまったく同じ。天晴れな1台だといえよう。

183a
トップブリッジなど、フロント周りはKLX250ESから流用。
ハンドルバーはジータをチョイス。本格的なハンドル周りだ!

 

183b
当然、フロントホイールもKLX250ES。
ミシュラン製タイヤから本気度が伺える。

 

183c
フューエルタンクはブラットスタイル製。
ルックスの完成度も極めて高い!

 

183d
サイレンサーは同店オリジナル・スレンダーボーイ。
エキパイをワンオフ製作することにより、見慣れたマフラーが全く異なるものに見える。

 

183e
ヘッドにはワンオフのカバーを装着。ニーグリップしても膝を火傷しない!
モトクロスコースや林道をガンガン走るからこそ必要な機能パーツだ。

 

183f
巨大なスプロケットに愕然!完全なオフロード仕様となっている。
レイダウン加工されたリアサスペンションにも注目だ!

 

183g
エキパイはモトクロスブーツが当たらないように設計されている。
あくまでも“走る”ことを主眼においたカスタムが施されているのだ。

 

183h
エキパイとアンダーガードだけを見れば、このマシンがSRをベースにしていることは気づきにくい。

 
183x
183y

Custom Spec
エキゾーストパイプ:ワンオフ/サイレンサー:オリジナル スレンダーボーイ/キャブレター:FCR39/エアクリーナー:K&N/ヘッドライト:トライアングル/テールランプ:スパルトタイプ/ウインカー:ラバーウインカー/ハンドルバー:ジータ/ハンドルポスト:KLX250ES/トップブリッジ:KLX250ES/ミラー:トライアルミラー/スピードメーター:デイトナ ナノ/タコメーター:無/Fブレーキキャリパー:KLX250ES/Fブレーキホース:KLX250ES/Fマスターシリンダー:KLX250ES/Rブレーキについて:STD スイングアームを避けるためブーメランタイプロッドを製作/シート:ブラットスタイル加工/ステップ:クロモリワイドペグ/フューエルタンク:ブラットスタイル/フロントフォーク:KLX250ES/三つ又:KLX250ES/リアサスペンション:HAGONオフロード スプリングYSS レイダウン加工/Fホイール:(リム幅:1.6/径:21inch)/Rホイール:STD/Fタイヤ:ミシュランAC10(サイズ 80/100-21)/Rタイヤ:ミシュランAC10(サイズ110/90-18) ……etc.

 
スポンサードリンク

 

関連記事