ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン

2018年05月17日

MADE BY TTT/1978 SR400/No.138【再掲載】


138
取材協力:メイドバイスリーティーモーターサイクルズ
写真:小川伸晃
※2015年12月3日の記事を再編集しました。

 

クラシカルとハイテックの
みごとな融合!

長い歴史によって培われたトラディショナルなカスタムスタイルは、たしかに多くのライダーを虜にする。しかし本来、他にはない独自性やオーナーの個性を愛車に反映させるべき“カスタム”とトラディショナルスタイルの“お約束”は相反するものだ……。
メイドバイスリーティーが製作したのは、そんな「定番」と「個性」をみごとに両立させた1台。

一見するとクラシカルなカフェレーサーだが、細かなディテールを覗き込むと、現代的な味付けがされている。その最たるものがメーター周り。エースウェル製デジタルメーターを装着し、ロケットカウルが持つ雰囲気とは全く異なる印象を与える。ホーイルも前後スポークながら、ワイドリムを履くことで、トラディショナルとは一線を画す迫力を醸し出す。さらにリアブレーキにはTDR250のハブを流用し、ディスク化している点にも注目だ。

古きを求めながら、新しきを取り入れる……まさに「温故知新」の言葉がふさわしいメイドバイスリーティーによる良作。カスタムとはこうあるべき、というお手本のようなマシンである。

 

 



 

138a
いかにもトラディショナルなスタイリングにも関わらず、メーターはエースウェル。しかし、まったく違和感は感じられない。

 

138b
フューエルタンクはブルックランズ製。懐かしさを感じる往年のパーツである。

 

138c
シングルシートはスティンキーによるもの。

 

138d
エキゾーストはペイトンプレイス。SRカフェレーサーの王道ブランドが並ぶ。

 

138e
スポークホイールながらも、ワイドリムによって迫力をもたらす。サンスターのローターに、ブレンボ製キャリパーを組み合わせている。

 

138f
キャブレターはヨシムラジャパンFCRデュアルスタック。ちなみに排気量は523ccだ。

 
138g
ベルトラン製バックステップはリアディスク用。写り込みがまぶしすぎるエンジンカバーにも要注目だ!

 

138h
リアサスペンションはデイトナ製。シンプルなディテールだ。

 

138x
138y
138z

Custom Spec
エキゾーストパイプ:ワンオフ手曲げ/サイレンサー:ペイトンプレイス製SCマフラー/キャブレター:ヨシムラジャパン製FCRφ39デュアルスタック/ヘッドライト:ペイトンプレイス製ハーフカウルKIT/テールランプ:ルーカスタイプ/電装ボックス:ワンオフプレート/ハンドルバー:モーターガレージグッズ製セパレートハンドル/スピードメーター:エースウェル製ACE-4000/フトンロブレーキキャリパー:ブレンボ/フロントディスクローター:サンスター/フロントブレーキホース:アクティブ/リアブレーキ:TDR純正/シート:スティンキー製シングルシートカウル/ステップ:ベルトラン製リアディスク用バックステップ/フューエルタンク:ブルックランズ製ロングタンク/フロントフェンダー:ワンオフ/リアフェンダー:ペイトンプレイス製ステンレスショートフェンダー/フロントカウル:ペイトンプレイス製ハーフカウル/スイングアーム:ジール250用加工/前後ホイール:アクロン製ワイドリム/カムシャフト:ヨシムラジャパン製ST-1/ピストン:ワイセコφ89 ……etc.

関連記事