ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン

2018年04月05日

Chuck Box/YAMAHA SR400/No.129【再掲載】


129
取材協力:チャックボックス
※2015年11月6日の記事を再編集しました。

 

SRを知り尽くしたチャックボックスによる
ロッカーズテイスト溢れるカフェレーサー!

低く垂れ下がったハンドルバーに高く掲げられたサイドマウントのヘッドライト、軽快な印象を与えるステンレス製ショートフェンダーなど、“これぞチャックボックス!”といえる1台が、ここに紹介するマシンである。

カフェレーサー……そのなかでもロッカーズと呼ばれる不良たちが好んだスタイリングは、まさにチャックボックスの真骨頂。純正フューエルタンクを使用することで、あえてSRらしさを存分に残しながらも、強いオーラを放っているのは流石だ。

同店の特徴は、先に述べたシルエットだけでなく、ひとつひとつのパーツのクオリティの高さにある。エキゾーストをはじめ、ハンドルバーにメーターステー、前後フェンダーなど、金属パーツの多くはステンレス製で、同店による手作り。非常に手の込んだものであり、なかでもステップ周りの造形は圧巻だ。エンジンのビッグフィン加工も、溶接跡が見られない自然な仕上がりで、同店のカスタムに対するこだわりが見て取れるポイント。
それでいて純正部分を多く残している点も見逃せない。変えるべきは変え、残すところは残す。SRを知り尽くしたチャックボックスだからこその“技”だといえよう。

フレームはほぼ無加工、フューエルタンクや足周りもストックのまま……それでもなお、そこらのフルカスタムには出せない強い存在感を発する。あえてもう一度言おう。
 “これぞチャックボックス!”である。

 

 



 

129a
低く垂れ下がったハンドルバーは同店オリジナル・エースバーⅡ。パイプステーによって高く上げられたヘッドライトとの相性は抜群だ!

 

129b
フロントフォークやブレーキはストック。リムはH型で、クラシカル感をアップ。ショートフェンダーは同店オリジナル・ステンレス製!

 

129c
大きく横にアールを描くエキパイはオリジナル・手曲げエキゾーストパイプ。サイレンサーは同じくステンレス製で、ワンオフによる逸品だ。

 

129d
ビッグフィン加工が施されたエンジンは、じつに自然な仕上がり。手間の掛かったディテールである。

 

129e
エンジンは中身こそ純正ながら、ビジュアルに遊び心を注入する。

 

129f
ブリーザーケースなど、ひとつひとつのパーツにこだわりと手間が見られる。

 

129g
ワンオフのステップはこのマシンの大きな見どころ。大きく曲げられたチェンジレバーはステンレスによるワンオフである。

 

129h
ギリギリのクリアランスで作られたステップ周り。マシンをスリムに見せる。

 

129x

Custom Spec
エキゾーストパイプ:ChuckBox ステンレス手曲げ/サイレンサー:ChuckBox ステンレスワンオフ/キャブレター:FCR39/エアクリーナー:ファンネル/ヘッドライト:ルーカスタイプライトケース・シビエCL-1/テールランプ:ルーカスタイプ/ウインカー:ChuckBox 71ウインカー取り付けセット/電装ボックス:ChuckBoxワンオフ電装プレート/ハンドルバー:ChuckBox ACEBAR-Ⅱ/ミラー:オフィシャル/スピードメーター:スミスタイプ・ChuckBox ステンレスCafe1メーターステー/タコメーター:スミスタイプ・ChuckBox ステンレスCafe1メーターステー/Fブレーキホース:スゥェッジライン ワンオフ/シート:ChuckBox セミダブルショートシート-1/ステップ:ChuckBox オールステンレス ワンオフ製作/フロントフェンダー:ChuckBox オールステンレスショートフェンダー/リアフェンダー:ChuckBox オールステレスループ式ショートフェンダー/Fホイール:/215-18 RK H型/Rホイール:250-18 RK H型/シリンダーヘッド ビッグフィン加工/フレームスムージング加工/フレームパウダーコートペイント ……etc.

関連記事