ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン

2018年02月15日

moto Tipo B/1994 SR400 “German Bobber”/No.122【再掲載】


122
取材協力:モト工房 ティーポB
※2015年8月17日の記事を再編集しました。

 

BMWタンクを装着した
新たな着想から生まれたボバーカスタム!

シンプルな車体構成が奏功して、これまでさまざまなスタイリングのカスタムを生み出してきたSR。しかし、その可能性はまだまだある……ということをあらためて知らしめるのが、モト工房ティーポBによる1台だ。

最近はインターネットなどによって海外の情報が気軽に入手できる時代。当サイトでも海外のカスタムSR情報を多く紹介しているのはご存知のとおりだ。そして、このマシンのオーナーも、そうした手段でBMWをベースにした海外のボバーカスタムを見たという。そこで考えたのが、自身の愛車「SR400」へのカスタムである。

ティーポBではやはり、そのアイコンとなるものはBMW純正タンクにあると考え、おそらくR60シリーズかR80あたりであろうフューエルタンクを加工して搭載。巨大なタンクとは対照的にシートや灯火類を小さくすることでスタイリングのバランスを整えている。また、テールランプやナンバーステーも注目のポイントで、オリジナリティと旧車感を上手く演出しているのだ。

他にもエンジンには同店オリジナルビッグフィンを取りつけ、フューエルタンクに負けない迫力を与えるなど、細部へのコダワリも周到。これまでにないスタイリングながらも、素晴らしいまとまりを見せている。

アメリカンチョッパーにブリティッシュカフェレーサーなど、これまでさまざまなスタイルへ変貌を遂げたSR……しかし、まさかジャーマンスタイルが残っていたとは! オーナーの発想とティーポBの技術に天晴だ。

 

 



 

122a
ハンドルバーは一文字をチョイス。ヘッドライトは小振りなベイツタイプだ。そして、ミラーマウントにはヘッドライトステーを流用している。

 

122b
このマシンの最大の特徴となるのがBMW純正タンクの流用。落ち着きつつもレーシーさを意識したグラフィックにも注目したい。

 

122c
エンジンには同店オリジナルビッグフィンを装着。マシンの迫力をアップしている。またキャブレターはFCRで、走りの質もしっかりと向上!

 

122x
122y

Custom Spec
エキゾーストパイプ:純正 耐熱クロス巻き/サイレンサー:コンチ/キャブレター:FCRφ39/テールランプ:ムーニーテール/電装ボックス:ワンオフ/ハンドルバー:一文字バー/フューエルタンク:BMW純正加工/フロントフェンダー:アルミショート/リアフェンダー:SR用フロントフェンダー加工/サイドカバー:アルミワンオフ/リアサスペンション:ビチューボ/スイングアーム:オーバーレーシング製アルミ/オリジナルビッグフィン ……etc.

関連記事