ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン

2018年01月09日

moto Tipo B/YAMAHA SR400/No.111【再掲載】


111
取材協力:モト工房 ティーポB
※2015年6月11日の記事を再編集しました。

 

オーナーに合わせて大柄に作られたトラディショナル・カフェレーサー

バイクは自立できないもの故、本来であればライダーが跨がってはじめて完成となる……モト工房ティーポBによる1台は、そんなバイクにとって当り前のコトを思い出させる。

スタイリングは同店が得意とするカフェレーサー。しかし、太めのホイールやひと回り大きくなったエンジンなど、マシンはクラシカルなカフェレーサーが持つ華奢なイメージよりも、むしろマッシブなもの。じつはオーナーが大柄だということで、ロングスイングアームなど、このマシンはオーナーの体格に合わせて製作されたということだ。もちろんスタイリングだけでなく、排気量は546ccにアップし、前後ディスクブレーキ化。しかもフロントにはダブルディスクを奢り、走りの性能を大きく高めている。美しいアールを持つワンオフエキパイや電装ボックスも注目のポイントだ。

眺めて美しく、走って楽しい。そしてオーナーとの相性も良い……まさに秀作だ。

 


111a
フロントカウルはダブルエム製。コンパクトながらもスタイリングのアクセントとなっている。

 

111b
メーターパネルはワンオフで、デイトナ製メーターを美しく収納。当然セパハンをチョイス!

 

111c
フロントブレーキはブレンボキャリパーのダブルディスク化。制動力は十分すぎるほど。

 

111d
シングルシートはスティンキーをチョイス。クラシカルかつ上品なスタイリングだ。

 

111e
エキゾーストパイプは手曲げのワンオフ。サイレンサーがレーシーなイメージを高める。

 

111f
電装ボックスは同店オリジナル。バックステップも高い雰囲気を醸し出す。

 

111g
ベルトラン製アルミスイングアームで車体を大きく見せる。リアサスペンションはクアンタム。

 

111h
シリンダーとヘッドはともにデイトナ製で、排気量は546cc。外装に合わせたペイントにも注目したい。

 

111x

111y

Custom Spec
オリジナル電装ボックス/ワンオフメーターパネル/ワンオフ手曲げエキゾーストパイプ/バナナ風サイレンサー/ダブルエム製アルミハーフカウル/クアンタム製ツインショック/リアフレームループ加工/FCRφ39/ベルトラン製アルミロングスイングアーム/スティンキー製シングルシートTYPE2 ……etc.

関連記事