ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン

2017年12月17日

REYNAL/1994 SR400/No.104【再掲載】


104
取材協力:レイナル
※2015年4月3日の記事を再編集しました。

 

シンプルな70年代アメリカンレーサーをSRで再現

60〜70年代のアメリカンレースシーンを日本のストリートに落とし込んだ独自のスタイリングに定評のあるレイナル。これまでSRをベースに多くのマシンを製作してきた。ここに紹介するのも、そんな同店が得意とするフォルムの1台だ。

フレームはシートレールを加工しながらも、あえて直線基調とすることで大きな主張をせず、あくまでも自然なシルエットを強調。リアサスペンションにはオリジナルのリジッドバーを投入し、低さをアピールしたフォルムとなっている。しかし、当然レイナルが作るこのマシンはチョッパーではなく、コンチハンドルやトライアルタンクを加工したフューエルタンク、そしてグラフィックを見れば分かるとおり、そのイメージは70年代、アメリカを疾走したレーサー。美しいアールを描くメガホンマフラーが“らしさ”をアップさせている。

「SR」で「レーサー」といえばカフェレーサーが思い浮かぶが、こんな土臭いレーサーもみごとにハマる。ビルダーのセンス、そして、かのジャンルに対する造詣の深さを感じるマシンである。

 


104a
フロントフォークをローダウンし、リムとホイールをペイント。精悍なフロント周りを作り出している。

 

104b
ハンドルバーは低いコンチハンドル。シンプルなハンドル周りがレーサーらしさを感じさせる。

 

104c
フューエルタンクはトライアル用を加工。ペイントはカミカゼによるものだ。

 

104d
サドルシートは同店によるワンオフ。純正かに見えるシートレールだが、加工済み。

 

104e
エキパイは手曲げで、メガホンサイレンサーとともにワンオフで製作されたもの。レーシーなー雰囲気を醸し出す一因となっている。

 

104f
リアサスペンションはリジッド化され、ギリギリの低さを実現。

 

104x

104y

Custom Spec
エキゾーストパイプ:ワンオフ手曲げ/サイレンサー:ワンオフメガホン/キャブレター:CRキャブレター/エアクリーナー:K&N/ヘッドライト:メーカー不明ミニヘッドライト/テールランプ:ポッシュテール、ワンオフサイドナンバーステー/ウインカー:ラバーウインカー/電装ボックス:ワンオフ/ハンドルバー:メーカー不明/ハンドルポスト:加工/トップブリッジ:加工/スピードメーター:ポッシュ/ハスラースイッチ流用/シート:ワンオフサドルシート/フューエルタンク:トライアルタンク加工/リアフェンダー:リブフェンダー/フロントフォーク:ローダウン/リアサスペンション:オリジナルリジッドバー/前後タイヤ:バトラックス/エンジン/腰上オーバーホール、再塗装/フレーム:加工箇所やスムージングなど、シートレール加工/ペインター:カミカゼ ……etc.

関連記事