ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン

2017年10月03日

MotorGarage GOODS/YAMAHA SR400/No.083【再掲載】


083
取材協力:モーターガレージグッズ
※2014年10月25日の記事を再編集しました。

 

モーターガレージグッズ、充実のボルトオンパーツ!

時流に乗ったパーツ展開で常にSR乗りのハートをキャッチし続けるモーターガレージグッズ。ワンオフカスタムも得意だが、このマシンで注目したいのは、やはり数々のボルトオンパーツにあるだろう。

チョッパー一辺倒だった昨年のSRカスタムシーンとは打って変わり、今年はトラッカーやスクランブラー、さらに初期型スタイルなど多様化が見られる。そして、その一端として人気を再燃させているのがカフェレーサー。モーターガレージグッズからも、たくさんのパーツがリリースされているのだ。

まず注目したいのはロケットカウル。アローカウリングキットと名付けられた同キットは、やや前方に突き出たデザインで、より攻撃的かつストリート感の強いものとなっている。そんなカウルに合わせるのがシートカウルウェルドオンとティアドロップタンクだ。あえて純正風ペイントとすることで、SRらしさを強調しているのもポイントだといえよう。

 他にも電装ケースキットやスタイビライザー、ステンレスサイレンサーに手曲げエキパイなど、そのラインナップは数多くある。流行を強く意識しながらも、オリジナリティに溢れるグッズのマシン。ぜひとも愛車のカスタムの参考にしてほしい!

 


083a
マシンのスタイリングを決定づけているのが、アローカウリングキット。コンパクトなティアドロップタンクも注目のアイテムだ。

 

083b
定番のショートフェンダーではなく、スタビライザーを装着することで現代風ストリート感を強調。伝統の模倣だけでは終わらない同店のセンスが伺える。

 

083c
シートカウルウェルドオンは適度な短さによって、シャープな印象を演出。

 

083d
電装ケースキットも同店オリジナルパーツ。今やスカチューンよりも、こちらが主流!

 

083e
同店オリジナルGサスペンションのなかでも最も長い300サイズをチョイス。低くてスポーティなフォルムを実現している。

 

083x

083y

Custom Spec
オリジナルティアドロップビンテージタンク/オリジナルシートカウルウェルドオン/オリジナルアローカウリングキット/オリジナルパイプワークスタイビライザー/オリジナルスミススタイルメーター/オリジナルセパハンφ35クローム /オリジナルGサスペンション300/オリジナル電装ケースキット/オリジナル手曲げエキゾースト/オリジナルALLステンレスサイレンサー ……etc.

 

関連記事