ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン

2017年10月15日

Bike Garage THRUXTON/YAMAHA SR400/No.086【再掲載】


086
取材協力:バイクガレーヂ スラクストン
※2014年12月17日の記事を再編集しました。

 

WR外装をまとったハイパフォーマンスモタード!

SRをベースにあらゆるカスタムを提案するスラクストン。定番のカフェレーサーやパフォーマンスカスタムはもちろんのこと、ときにはチョッパーなども製作する柔軟性を持っているのだが、ここに紹介する1台もまた、定番とは大きく趣を異にした力作である。

そのスタイルはズバリ、スーパーモタード! ヤマハの人気モデル「WR250R」のタンクシュラウドやシート、リアフェンダーなどを違和感なく移植。前後17インチホイールを履くことによって、空冷スタンダードモデルであるSR400をみごとモタードへと変えているのだ。モタードといえば高いパフォーマンスが大きな魅力だが、このマシンもエンジンを608ccにまでスープアップ。FCRキャブレターやオリジナルチタンサイレンサーを使ったワンオフマフラーなどで完全武装。SRが持つポテンシャルを最大限に引き出している。

最近ではスクランブラーやビンテージモトクロッサーカスタムが人気のSRだが、最新のモタードスタイルにも変貌できる! そこには、「他と同じではつまらない」というスラクストン田中さんの遊び心と反骨心、そしてSRに対する造詣の深さがしっかりと見て取れる。流行には流されない、同店ならではの唯一無二のマシンである。

 


086a
フューエルタンクはアルミ製ワンオフ。WR純正シュラウドとシートが違和感なく装着される。

 

086b
フロントフォークはセロー純正で、マシンシルエットを整える。ヘッドライトはオフロードカスタムではお馴染みのUFOをチョイスする。

 

086c
シートとリアフェンダー、サイドカバーなど、主立った外装パーツはすべてWR250R純正。

 

086d
リアサスペンションはオーリンズ。複雑な取り回しを持つエキパイにも注目だ。

 

086e
リアブレーキもディスク化され、608ccのハイパワーをしっかりと受け止める。

 

086f
エンジンはトレッセル製パーツを組み込み、608ccへスープアップ。

 


086y

Custom Spec
フューエルタンク:ワンオフアルミ/シート:WR250R純正/Fフェンダー:maier/ヘッドライト:UFO/テールランプ:キジマ製LED/ハンドル:XT250X純正/トリプルツリー:セロー250純正/ディスクローター:ブレーキング/キャリパー:ブレンボ4Pレーシング/Fフォーク:セロー250/リアサスペンション:オーリンズ製レジェンドツイン/エキゾーストマフラー:オリジナルチタン ……etc.

関連記事