ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン

2017年10月11日

MADE BY TTT/1997 SR400/No.085【再掲載】


085
取材協力:メイドバイスリーティーモーターサイクルズ
※2014年11月25日の記事を再編集しました。

 

70年代の華美なチョッパーを、SRでみごとに再現!

近年、SRのカスタムスタイルとして人気を伸ばしているチョッパーだが、そのほとんどはスピード感あふれるコンパクトチョッパーである。しかし、SRチョッパーも隆盛を極めるにあたってその製作法が確立されつつあり、そうなるとまた新たなスタイルが派生する。メイドバイスリーティーが製作したのはSRチョッパーとしては珍しい、しかし“チョッパー”として見れば至極スタンダードな’70Sロングフォークだ。

フロントフォークはスムージング化され、延長を施し、21インチホイールと相まって当時のロングフォークチョッパーを思わせるシルエットとなっている。もちろんフロントだけを伸ばしても美しいフォルムは作れず、シートレールを加工し、スイングアームにはMGグッズ製ハードテールキットを組み込む。リアホイールは当然16インチで、これによって車体は美しいフォルムとなっているのだ。さらに外装を目を移すと、シートやシッシーバー、リアフェンダーはワンオフ。独特のフレーム周りに合った意匠となっている。そしてコフィンタンクをはじめとした外装にも注目したい。なんと16色ものカラーを用いて、当時の煌やかなグラフィックを遥かに越える美しさ、そして派手さを持っているのだ。さらにタンクサイドに描かれた旭日旗カラーが、このマシンが純国産であることを物語る。

70年代チョッパーを忠実に再現しながらも、このマシンは紛うことなき現代のジャパニーズチョッパー。深化していくSRチョッパーのレベルの高さを見た気がする……。

 


085a
大きくアップスイープしたエキゾーストは同店によるワンオフ。
フィッシュテールがクラシカル感を演出する。

 

085b
エンジンは500ccへスープアップ。カムシャフトはヨシムラST-1を
チョイスする。キャブレターはMGグッズ製だ。

 

085c
スイングアームを廃し、MGグッズ製ハードテールキットを装着。リアホイールは16インチ化されている。

 

085d
マシンの大きな見どころがナローコフィンタンク。16色ものカラーを使った派手なペイントが目を惹く。

 

085e
ハンドルはMGグッズ製JPチョッパーバー。純正ポストにメッキを施し、雰囲気を一新しているのもポイントだ。

 

085f
テールランプはシボレーのセーフティスターを流用。チョッパーらしいディテールだといえよう。

 

085g
電装系やスイッチ類はすべてシート下に格納し、ハンドル周りをスッキリとさせている。

 

085h
シートは当然ながらワンオフで、ロングフォークチョッパーらしい意匠が与えられている。

 

085x
085y

Custom Spec
エキゾーストシステム:ワンオフ/キャブレター:MGグッズ製ビッグキャブレター/ハンドルバー:MGグッズ製JPチョッパーバー/スピードメーター:60φサイドマウント/シート:ワンオフ/ステップ:ワンオフメッキ加工/フューエルタンク:ナローコフィンタンク/電装ボックス:MGグッズ/スイングアーム:MGグッズ製ハードテールキット/Fホイール:21インチ/Rホイール:16インチ/クランク:500純正/シートレール加工 ……etc.

 

↓↓このマシンに装着されている下記パーツはShop SR Timesでも購入できます↓↓

SRタイムズ ショップアイテム紹介

φ38ビッグキャブ SR400/500(全年式)【モーターガレージグッズ】

定価:19,980円

適合車種:SR400/500(全年式)

関連記事