ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン

2017年09月20日

Eccentric Motorcycle/YAMAHA SR400/No.080【再掲載】


080
取材協力:エキセントリックモーターサイクル
※2014年10月10日の記事を再編集しました。

 

流れるような車体フォルムが美しい
エキセントリックの2本サス・チョッパー!

いまやSRチョッパーは人気の絶頂を迎え、多くのショップからさまざまなマシンが作られている。そのなかでも異彩を放つのがエキセントリックモーターサイクル。今回紹介する1台は2本サス仕様のシンプルなものだが、しかし、やはり随所に同店ならではのセンスとコダワリを見つけることができる。

フレームは純正をベースにシートレールを加工し、後端をカット。コンパクトなシルエットを作り上げ、フューエルタンクはピーナッツタイプをチョイス。シートは同店のカスタムではおなじみのラズルダズル製で、Lasers paintによるグラフィックも相まって、オールドテイスト溢れるルックスとなっている。シートからリアフェンダー、テールランプへと流れるラインは必見だ。

また、ハンドルバーはワンオフで製作し、ブラットスタイル製ミッドステップとともにコンパクトなライディングポジションを獲得。マシン全体から漂う雰囲気とのマッチングも良い。さらにチョッパースタイルではあるが、パフォーマンアップも抜かりなく、エンジンは523ccにスープアップし、キャブレターはFCR。サイレンサーはチョッパーらしくフィッシュテールを採用するが、ドリルド加工を施すことによって、見た目のアップと排圧調整を両立させている点も見逃せない。

ストリート感溢れる軽快なチョッパーであるが、ルックスと性能、その両方をしっかりと詰めた好感度の高いチョッパー。エキセントリックの懐の深さを認識させる1台だ。

 


080a
スポーツスターバイザーヘッドライトがSRに異なる表情を与える。

 

080b
外装ペイントはLasers paintが担当。艶を八分くらいに抑え、ダートっぽい雰囲気を演出する。

 

080c
ラズルダズル製ナローベイツシートはマシンの雰囲気を決定づけるパーツ。シルエットの美しさも大きなポイントだ。

 

080d
フロントホイールは19インチ純正キャスト。グリメカ製ブレーキキャリパーが旧車っぽいイメージを高める。

 

080e
ハンドルバーはワンオフ。コンパクトなライディングポジションに設定される。

 

080f
エキパイはブラットスタイルで、サイレンサーはメガフォンエンドフィッシュテール。ドリルド加工が施される。

 

080g
リアホイールも純正キャストをチョイス。フェンダーステーやピリオンパッド、テールランプのまとまりの良さは必見!

 

080h
リアサスペンションは265ショートサス。ガソリン予備タンクもマシンを飾るパーツとして違和感なく収まる。

 

080x

080y

080z

Custom Spec
エキゾーストパイプ:ブラットスタイル/サイレンサー:メガフォンエンドフィッシュテール(ドリルド加工)/キャブレター:FCR/ヘッドライト:スポーツスターバイザーヘッドライト/ハンドルバー:ワンオフ/Fブレーキキャリパー:グリメカ/Fブレーキマスターシリンダー:グリメカ/シート:ラズルダズル製ナローベイツ/ステップ:ブラットスタイル製ミッドコントロール/フューエルタンク:ピーナッツタンク/リアフェンダー:フラットフェンダー加工/フロントフォーク:ローダウン加工/ペインター:Lasers paint ……etc.

 

関連記事